こんにちは こどもの庭 です!

b0339392_11062114.jpg

森のようちえん『自然育児 こどもの庭」は 自然のなかで親と子が共に育ち合う場所です。

私たち こどもの庭は、美濃加茂市、可児市、八百津町の里山、森を拠点にした、親たちによる子どものための手づくり「ようちえん」です。

親子が集まって、自然のなかでみんなでゆったり育ちあう。

のんびり森のお散歩。

みんなで野外炊事。四季折々の行事。

気の向くままに。でも丁寧に。

親子で一緒に日々をすごし、互いの成長を見つめていきませんか?


●私たちの目的
 *自然体験を通して、柔かく、たくましい心と身体を育む
 *共に学び、考え、『生きる力』を身につける
 *大人も子どもも、よりよく相互に作用し育ち合う場を作る

●私たちが大切にしたいこと
 *自然の中で子どもも大人ものびのびと過ごす
 *自然を学び、四季を感じ、生命の恵みに感謝すること
 *相手の気持ちに寄り添う心

⚫︎募集対象

①ようちえん(定員20組程度)
 3歳〜6歳の就園対象児(年少、年中、年長)


※平成29年度は 年少児4名 年中児9名 年長児3名 合計16名在籍。

※途中入園は年少児(平成25年4月生まれ〜平成26年3月生まれ)の追加募集をしています。お気軽にお問合せください。

※平成30年度 新入園児さんの募集は終了しました。

②親子の会 (定員20組程度)
0歳〜3歳の未就園児とその保護者

※平成29年度 2学期より新規参加される会員さんを追加募集しています。

⚫︎活動内容

◇こどもの庭は園舎のない『ようちえん』。森や里山が子どもたちの庭であり、園舎です◇

①『ようちえん』では

保育専属スタッフ数名と園児の親御さんと協力し、交代で預かり合いをしながら子どもたちの保育を行います。

自分の子どもも、ほかの子も、みんなで一緒に見守りあいます。子どもが持つ、自ら成長する力を信じて・・・

(ようちえんでは、森での自由な遊びに加え、にじみ絵、手仕事、クラフトも適宜取り入れています。)

②『親子の会』では

森や里山の散歩、野外炊事を中心に四季折々の行事などもたのしみます。

定期的に育児に関する勉強会やワークショップも行います。

こちらも会員のお母さんたちがスタッフとして活動を行います。みんなで考え、みんなで創り上げる会です。



⚫︎活動場所

美濃加茂市内、可児市内の森や緑地公園。

⚫︎活動日時(予定)

①ようちえん 9:45~14:00
週4日 火、水、木、金曜日

②親子の会 10:30~13:00
金曜日開催(月4回)

運営方法、活動内容、保育体制については会員同士で話合いながら決定していきます。
会費等については、体験散歩会、事前説明会でお伝えします。


[PR]
# by kodomononiwa | 2018-12-31 00:00 | こどもの庭について | Comments(0)

こどもの庭を応援してみませんか?

【こどもの庭 サポーターさん募集!】
【賛助会員さま、支援企業さま 募集!】

森のようちえん 自然育児 こどもの庭は、
子育て真っ最中の母親たちの手で運営しています。

定員20名ほどの小さな「ようちえん」です。
現在 園児が17名、親子の散歩会会員が25組 在籍しています。

認可を受けた保育機関ではありませんので、
国や市町村からの金銭的補助は受けていません。
運営資金はすべて、自分たちの手でまかなっています。


ですが…

こどもたちの
より良い育ち、より良い未来を
真剣に考え
ひとりひとりのこどもに
寄り添った保育を目指しています。

自然環境に柔軟に対応しつつ、
スタッフ、園児母が共に手を取り合い
こどもたちの安全に充分な配慮をしています。

保育の質の向上、安全管理に努めるため、
ひとりひとりが日々研鑽しています。

そして、
温かくつながった大人たちの輪の中で
こどもたちがその命を
日々キラキラと輝やかせています。


そんな私たちの活動を応援してくださる方を探しています。

◇広報、PRにご協力いただける店舗さま、企業さま

◇経営に関するアドバイスを奉仕でして下さる方
(伴走者として長期的にコンサルタントして下さる方)

◇森や里山の活用、施設利用のご提案をいただける方
(活動場所をご提供いただける方)

◇母たちのミーティング時に、
0歳から3歳のこどもをボランティアで託児して下さる方

◇賛助会員として、定期的な金銭的補助をして下さる方
・企業会員さま 一口 ¥10,000/年間
・個人会員さま 一口 ¥2,000/年間

上記以外の方法でもご支援いただける方は、
ご提案お待ちしています!

こどもの庭にご興味のある方、応援して下さる方、
いらっしゃいましたら、
ぜひ下記のアドレスまでご連絡ください。
※すぐにお返事できない場合もありますがご了承下さい。

yao2koniwa☆gmail.com (担当、園田)
(☆を@に変えてお送りください。)


代表 園田が
森での子育ての魅力、
森のようちえんの社会的な有用性を
伝えに参ります。

こどもの庭 代表 園田智子

b0339392_06254830.jpg

[PR]
# by kodomononiwa | 2018-12-30 05:29 | お知らせ | Comments(0)

冬の体験会参加者募集します

こどものにわ体験会を開催します。

平成30年2月23日  金曜日 定員5組程
平成30年3月2日   金曜日 定員5組程
(上記日程では活動中の親子組さんと一緒の体験となります)
平成30年3月20日  火曜日 定員15組程
b0339392_10404378.jpg

こどもを自然の中で遊ばせたいけど、一人では不安…
自分のことを好きになりたい!
子どもや自分に仲間が欲しい!
子育てをもっと楽しみたい!
私のストレス発散に参加したい!
ちょっと気になる…

などなど…

どんな方のご参加もお待ちしています★


〜風に吹かれ、雲をかぞえ、雨と遊ぶ 母も子も自然の中でのびのび育ち合う〜

*対象 未就学児(0〜3歳)とその保護者
*場所 可児市、美濃加茂市、八百津町の森(お申込みいただいた方に詳細はお伝えします)
*時間 10:30〜13:00頃まで
*参加費  親子1組1000円(保険料含む)

=====================
■当日の活動の流れ
10:15〜受付
10:30〜朝の会、お散歩(遊び)
11:30〜お弁当
12:30〜説明会
13:00〜帰りの会
=====================

下記のアドレスに
●親子のフルネーム(ふりがな)、お子様の年齢(月齢)
●参加希望日
●簡単な住所
●連絡先のメールアドレス&携帯番号を明記しお申込み下さい。
※こちらからのメールを受信できるよう、設定を必ずご確認ください!

お申込み先↓
koniwataiken@gmail.com  担当者 古田   村山  藤木

たくさんの方にお会いできること、楽しみにしています♪

[PR]
# by kodomononiwa | 2018-03-20 13:27 | お知らせ | Comments(0)

ようちえん日記 2学期最後のお散歩

2学期最後のお散歩に出発だ~
b0339392_22021391.jpg

b0339392_22263025.jpg

しかし…みんなもくもくと歩き
あっという間に広場に到着~
b0339392_22205907.jpg

年長つばめさんは卒園制作
b0339392_22113192.jpg

針やナイフも少しずつ手慣れてきたね
b0339392_22413156.jpg

年中めだかさんは大きな岩をお家にして大家族ごっこ
b0339392_00262536.jpg

年少つくしさんは家族会議
お父さん役が多くてmwちゃんお父さんは一人にしてとお願い中…
b0339392_22133091.jpg

前日は雪予報だった今日
雪は降らなかったけど寒い~~
寒さに勝つには動くのが一番!
スタッフよっこちゃんを追っかけて
b0339392_22552986.jpg
走る~
b0339392_22583607.jpg

そして捕まってしまった よっこちゃんとおひさまさん
b0339392_23014083.jpg

こちらではケーキ作りのkyくん
b0339392_23355084.jpg

ごろごろごろ~のつくしさん
b0339392_23065852.jpg

一緒にまわろうよとつくしさんの手を繋ぐめだかさん
b0339392_23114515.jpg

さーて、たくさん遊んだあとは
帰りの会の広場まで出発
b0339392_23210565.jpg

途中お地蔵さんになるkyくんとtmちゃん
もちろん手を合わせましたよ
b0339392_23231320.jpg

掃除をしながら進むmuくん
きれいにしてくれてありがとう
b0339392_23261648.jpg

帰りの会もみんなで楽しく過ごし
b0339392_23291082.jpg

無事元気よく2学期のお散歩も終えました。


おひさま わくちゃん





[PR]
# by kodomononiwa | 2018-01-16 22:38 | Comments(0)

コネクティング ドッツ

b0339392_22595133.jpeg

コネクティングドッツという言葉をご存知ですか?

iPhoneを開発したスティーブンジョブズの、大学での有名な講義の中でのキーワードです。

コネクティングドッツは和訳をすると点と点をつなぐという意味です。

私は今回初めてこにわの保育に入り、このコネクティングドッツという言葉が頭をよぎり、改めて考えさせられました。

b0339392_23051926.jpeg

本日の活動は、年少と年長さんがにじみ絵。
年中さんは、森の中の散歩でした。

そして今日は年中の息子の誕生日会。
こどもの庭では、園児の誕生日には、仲間たちが森の中で見つけた綺麗な木の実、葉っぱやツルなどを集めてくれ、本人がケーキに見立てた切り株、名付けて“森のケーキ”に飾り付けることになっています。


b0339392_23042842.jpeg


年中の息子は他の仲間達と一緒に森の中に繰り出していきました。体の大きさと同じ位の大きさのリュックを右左に揺すりながら森の中に入っていく息子の後ろ姿はいつもより頼もしく見えました。


b0339392_23003773.jpeg


平日ですので散歩の途中、仕事の電話が何回か入りました。いつもなんとなく見ている山の紅葉や、澄んだ空気や空の鮮やかさにリラックスできたのか、不思議と穏やかに電話対応できている自分に気が付きました。

b0339392_23192519.jpeg

さて、歩き始めて30分。ここで一つのハプニングがおこりました。枝を持って遊んでいた男の子がふざけて息子の頭を叩き始めたのです。

最初は笑っていた息子も5回6回と叩かれ続け、ついに泣き出してしまいました。

家の中の兄弟喧嘩ならすかさず止めに入るのですが、今日はこにわの引率係。ここは止めに入らず少し様子をみることにしました。

泣き続ける息子はいつものごとく私の膝に抱きつき、だっこをせがんできました。しかし今日は数分このまま放置してみました。


するとその様子を見ていた2人の女の子たちが息子の方に近づき息子が悪くないことを弁明し始めました。

そして女の子2人は息子の手を引いて山上へ登って行きました。



ほんの数分の出来事でしたがいろんな思いが頭を巡りました。

子供たちの世界に踏み込むべきか…
大人として何かアドバイスをするべきか…
実際、急に起こった事だったので何も対処ができなかったというのが正直なところです。少し時間が経ってから私は、あの時息子は何を感じていたのか聞いてみました。それから私の考えも少し彼に伝えてみました。


b0339392_22585011.jpeg


でもこの時、先日、本で読んだスティーブンジョブズの演説を思い出したのです。



コネクティングドッツ[点と点をつなぐ]


この演説でスティーブンはこう語ってます。

『先を見通して点をつなぐことはできない。
振り返ってつなぐことしかできない。
だから将来何らかの形で点がつながると信じるだけだ』


子供達が点を形成する上で大人がどれくらい関与していいのか…子供達の話し合いでどのタイミングでアドバイスすれば良いのか…悩んでしまいます。

私が今日感じたことは、大人として子供と対峙しない方がいいのかな、ということでした。問題が起こったとき、大人の目線で問題を対処することではなく、子供と同じ側に立ちその問題に立ち向かうことが大切なんじゃないかと思うのです(ここにはすごい忍耐と粘り強さが必要となりますが…)。

b0339392_23140567.jpeg


大人達はすでに成長過程でたくさんの点を持ち、結び、それを頼りに生活しています。

まだつながらない点だけを重ねていくことは時に不安になります。でもここでは、大人からの押し付けではないこどもたち自らが点を記す場として、親も子も学んでいます。それが将来何につながっていくのか分からないけれども、子供達の可能性を信じて今はたくさんの点集めをしてもらいたいと思います。

b0339392_23170555.jpeg

そしていづれいろんな点を紡いだ子供達が各々の価値観でこにわにOB,OGとして集まり、次の世代の子供達に新たな点を提供してくれるといいなあと思います。

b0339392_23175066.jpeg


気付きの多いパパ保育。
こにわのお父様方も是非、いつもと違う自身の子供達に会いにきて見てはいかがでしょうか?

b0339392_23181879.jpeg


しんさん

[PR]
# by kodomononiwa | 2017-12-25 22:19 | Comments(0)