自主保育とは

自主保育とは
 親たちがグループを作り、野外に活動場所を設け、交代で子どもを預かり合いながら
 子育ての場を作りあげていく活動です。活動場所は、地域内の公園、緑地など、野外が主となりますが、場合によっては、児童館、子育て支援センターや個人の家などを使用します。
参加者は子ども同士はもちろん、親同士も密接な信頼関係を築く場となります。また、社会資源などを利用することにより、地域内の様々な人たちと交流を持つ機会にもなります。

[PR]
by kodomononiwa | 2014-07-30 00:51 | こどもの庭について | Comments(0)
<< 大切にしたいこと 森のようちえんとは >>