5歳を迎えて

5歳かぁ〜
と考えていたら ふと息子が森に行きだした時の事を思い出した
息子が森に行きだしたのは生後11カ月。
歩けるようになってからは動物の様だった。
私が言う言葉はほとんど入らず
自分の感覚が全てでした。
森以外ではその行動が問題行動にとらえられてしまう時があったけど
森に行けば目を輝かせ誰にも邪魔されずたっぷりと五感をフル活動で楽しんでました。

親子で行く森のさんぽ会に遅刻してしまい
最後の列に必死で追い付こうとする私から
すーっと斜めに外れ2月頃だったと思うけどキンキンに冷えた地面に寝転んだ
空を見て暫く動かなかった時はオイッと思った。
森を体で感じているのか交信していたのか。
そこには息子と森だけの対話の時間が流れてる様だった。

森のようちえんで5歳を迎えた息子はもう森で急に寝転ぶことはなくなった。
他に森との交信の仕方を身につけたのかわからないけど
息子と森だけの時間ではなくなり仲間が加わりより楽しい森となった。
森 仲間 たっぷりと遊べる。

大好きなことがそろってるこのようちえんを息子は気にいってる。

やせい的に拍車がかかりお手上げだった時は森に行くことに疑問に思った時期もあったけどすでに息子は楽しーって全身で伝えてくれてたんだなー色々考えてしまうけどまずは目の前の子供が笑ってたらとりあえずまいっか。

ゆっくりとした時間が流れてる森の中で子供たちと一瞬一瞬を過ごせることに感謝。



なっちゃん





[PR]
by kodomononiwa | 2017-10-22 02:31 | ようちえん | Comments(0)
<< 10/13 親子の会日記 ようちえん 10/12 息子4... >>