11/24 親子の会日記

今日は秋色に染まる森をお散歩。

ばばちゃんの縦笛「どんぐりころころ」の曲に合わせてみんな集合、朝の会です。

b0339392_05391882.jpg
今日は11月生まれの子のお誕生日会。後ほどお誕生日ケーキを作るためにどんぐりや木の実を拾って歩きます。
b0339392_05402019.jpg

ウチの子は今日は全行程でほぼずっと抱っこ。
最近何でも「イヤ、イヤ」って言うのに抱っこの要求も強く…ツンデレか?
でもこんな風に抱っこをせがんでくれるのも今のうち。
親子おさんぽ会、というよりウチは「親がおさんぽ会」でしたが、抱っこして歩きました。


ひとしきり歩いて谷間に戻ってきたところでお弁当タイム。
今日のお昼のお題は「最近の子どもの成長」でした。みんなそれぞれの成長話を聞くことができ、「ウチも何ヶ月後にはそんな風になるかな?」と参考になりました。

お昼ごはんの後はお誕生日会。みんなで拾ってきた葉っぱやどんぐりでお誕生日ケーキを作りました!
おめでとう〜!



今日の手遊びはリクエストによりゆーみんの納豆さん。
ネバネバ〜♩楽しい歌です!
b0339392_05411471.jpg
森に来ると自分も自然の一部であるということを改めて感じさせられます。
葉っぱの色づきとともに、時の移ろいも実感させられます。今日のお題、タイムリーでしたね。

森の中でのお散歩。命を失う危険性も全くゼロではありません。
自然だからいい、自然ならいいということではないと思います。自然の中だからこそ日常生活にはない危険性もあります。
森の中の活動で危険な動物や植物、池や火について子どもに注意喚起する時、それは同時に子どもに「あなたはかけがえのない大切な存在である」と伝えることでもあると考えます。美しく素晴らしい自然、命に関わる危険もある自然の中でこそ力強く伝わるものがあると思います。

日常生活でも命の危険はあるし、どこまでいっても人は自然の中でしか生きられないのだと思います。(たとえもし将来火星に移住できるような時代がきたとしても火星の自然の中で生きることになるだけ)
自然の中で命を頂き生かされているということ。おごることなくいつも謙虚に感謝していきたいと思います。
子どもにも森の中での活動を通してそんな姿を示していきたいです

b0339392_05415514.jpg

輝く紅葉が目に沁みる一日でした。


ぽぽたん





























[PR]
by kodomononiwa | 2017-11-30 05:33 | 親子の会 | Comments(0)
<< ようちえん ろうそく飾りの巻 新入園児交流会 子どもたちな... >>