こんにちは こどもの庭 です!

b0339392_11062114.jpg

森のようちえん『自然育児 こどもの庭」は 自然のなかで親と子が共に育ち合う場所です。

私たち こどもの庭は、美濃加茂市、可児市、八百津町の里山、森を拠点にした、親たちによる子どものための手づくり「ようちえん」です。

親子が集まって、自然のなかでみんなでゆったり育ちあう。

のんびり森のお散歩。

みんなで野外炊事。四季折々の行事。

気の向くままに。でも丁寧に。

親子で一緒に日々をすごし、互いの成長を見つめていきませんか?


●私たちの目的
 *自然体験を通して、柔かく、たくましい心と身体を育む
 *共に学び、考え、『生きる力』を身につける
 *大人も子どもも、よりよく相互に作用し育ち合う場を作る

●私たちが大切にしたいこと
 *自然の中で子どもも大人ものびのびと過ごす
 *自然を学び、四季を感じ、生命の恵みに感謝すること
 *相手の気持ちに寄り添う心

⚫︎募集対象

①ようちえん(定員20組程度)
 3歳〜6歳の就園対象児(年少、年中、年長)


※平成29年度は 年少児4名 年中児9名 年長児3名 合計17名在籍。

※途中入園は年少児(平成25年4月生まれ〜平成26年3月生まれ)の追加募集をしています。お気軽にお問合せください。

※平成30年度 新入園児さんの募集は終了しました。

②親子の会 (定員20組程度)
0歳〜3歳の未就園児とその保護者

※平成29年度 2学期より新規参加される会員さんを追加募集しています。

⚫︎活動内容

◇こどもの庭は園舎のない『ようちえん』。森や里山が子どもたちの庭であり、園舎です◇

①『ようちえん』では

保育専属スタッフ数名と園児の親御さんと協力し、交代で預かり合いをしながら子どもたちの保育を行います。

自分の子どもも、ほかの子も、みんなで一緒に見守りあいます。子どもが持つ、自ら成長する力を信じて・・・

(ようちえんでは、森での自由な遊びに加え、にじみ絵、手仕事、クラフトも適宜取り入れています。)

②『親子の会』では

森や里山の散歩、野外炊事を中心に四季折々の行事などもたのしみます。

定期的に育児に関する勉強会やワークショップも行います。

こちらも会員のお母さんたちがスタッフとして活動を行います。みんなで考え、みんなで創り上げる会です。



⚫︎活動場所

美濃加茂市内、可児市内の森や緑地公園。

⚫︎活動日時(予定)

①ようちえん 9:45~14:00
週4日 火、水、木、金曜日

②親子の会 10:30~13:00
金曜日開催(月4回)

運営方法、活動内容、保育体制については会員同士で話合いながら決定していきます。
会費等については、体験散歩会、事前説明会でお伝えします。


[PR]
# by kodomononiwa | 2017-12-31 00:00 | こどもの庭について | Comments(0)

こどもの庭を応援してみませんか?

【こどもの庭 サポーターさん募集!】
【賛助会員さま、支援企業さま 募集!】

森のようちえん 自然育児 こどもの庭は、
子育て真っ最中の母親たちの手で運営しています。

定員20名ほどの小さな「ようちえん」です。
現在 園児が17名、親子の散歩会会員が25組 在籍しています。

認可を受けた保育機関ではありませんので、
国や市町村からの金銭的補助は受けていません。
運営資金はすべて、自分たちの手でまかなっています。


ですが…

こどもたちの
より良い育ち、より良い未来を
真剣に考え
ひとりひとりのこどもに
寄り添った保育を目指しています。

自然環境に柔軟に対応しつつ、
スタッフ、園児母が共に手を取り合い
こどもたちの安全に充分な配慮をしています。

保育の質の向上、安全管理に努めるため、
ひとりひとりが日々研鑽しています。

そして、
温かくつながった大人たちの輪の中で
こどもたちがその命を
日々キラキラと輝やかせています。


そんな私たちの活動を応援してくださる方を探しています。

◇広報、PRにご協力いただける店舗さま、企業さま

◇経営に関するアドバイスを奉仕でして下さる方
(伴走者として長期的にコンサルタントして下さる方)

◇森や里山の活用、施設利用のご提案をいただける方
(活動場所をご提供いただける方)

◇母たちのミーティング時に、
0歳から3歳のこどもをボランティアで託児して下さる方

◇賛助会員として、定期的な金銭的補助をして下さる方
・企業会員さま 一口 ¥10,000/年間
・個人会員さま 一口 ¥2,000/年間

上記以外の方法でもご支援いただける方は、
ご提案お待ちしています!

こどもの庭にご興味のある方、応援して下さる方、
いらっしゃいましたら、
ぜひ下記のアドレスまでご連絡ください。
※すぐにお返事できない場合もありますがご了承下さい。

yao2koniwa☆gmail.com (担当、園田)
(☆を@に変えてお送りください。)


代表 園田が
森での子育ての魅力、
森のようちえんの社会的な有用性を
伝えに参ります。

こどもの庭 代表 園田智子

b0339392_06254830.jpg

[PR]
# by kodomononiwa | 2017-12-30 05:29 | お知らせ | Comments(0)

ようちえん日記 バッタ

私達が、ようちえんのフィールドに使わせて頂いている森を、管理してくださっている方々から、シュロの葉と、そのシュロの葉で作るバッタの作り方を書いた紙を頂きました。

朝の会が終わって、そのシュロの葉を見つけた子供たち。作り方をみながら、大人と一緒にバッタを作ろうとするも…
なかなかムズカシイ…

やーめた

と、外に遊びに行く子供たち。

なんとか、バッタを作りたいと頑張る私でしたが、本当にムズカシイ。
あきらめようかな
と、心がゆらぐものの、私の横に、手先の器用な年中のakちゃんが、ずっと、静かにバッタの完成を待っている。

まだ?

とか

早く

とか、急かす言葉も一切なく、ただただ静かに待っている。

私は、

頑張れ、私!
バッタよ、出来てちょうだいっ

と、心中で自分を鼓舞すること、数分。
もしかしたら、数十分経っていたかもしれません。

できました! バッタさん
b0339392_19261772.jpeg
人付き合いがうまいakちゃんは、最初に出来た、そのバッタを、私の息子に持って行ってくれました。

yくーーん! バッタ出来たよーー!

akちゃんの声に、手仕事好きのtmちゃんとutちゃんが戻って来て、バッタを欲しがり、頑張って、自分で作ってみたりし始めました。

ふと、気づくと、年少のsnくんが、シュロの葉をにぎにぎしながら、私の側にいました。
私の側に来ることは、めったにないsnくん。
バッタが作りたいんだな、欲しいんだな、と感じて、出来上がったバッタを渡しました。

バッタを受け取ったsnくんは、本当に嬉しそうに、ニッコリ笑いました。
本当に可愛い笑顔で、
この笑顔を守るために、世界が平和であるように、とまで私に思わせる笑顔でした。

私は、この日、手仕事大好きな女子3人に、何匹のバッタを作ったのかしら…
1日、バッタ職人になっていた日だったけれど、子供たちの笑顔がいっっぱい見れて、心がホカホカした1日でした。

追記
写真のバッタは、シュロの葉が乾燥してしまっていますが、出来上がったばかりのバッタは、シュロの葉がツヤツヤで、それはそれはリアルな仕上がりのバッタでした。

かっち


[PR]
# by kodomononiwa | 2017-12-13 19:14 | Comments(0)

ようちえん ろうそく飾りの巻

前回のようちえんブログの続きです。
http://kodomoniwa.exblog.jp/27709732/

前回、みつろうでろうそくを作って、

今回はろうそくの台座にそれぞれ飾りつけ。

台座はようちえん父さんが切ってくれました!!
ありがとうございます^_^

みんなで森で集めた素敵なものを思い思いに。

b0339392_20530967.jpg
b0339392_20523671.jpg

b0339392_20531681.jpg


b0339392_20530010.jpg
うーん、細かいっ!! ケーキみたい。

b0339392_20532510.jpg

でーきた♡ ろうそくの太さも飾りもそれぞれでステキー♡

クリスマス会で灯すのを楽しみに、、、

終わった後はお散歩へ。

b0339392_20533368.jpg

森の方が大きな木を切られてました。

じーっと見てます。


b0339392_20534992.jpg

この日はなんと出産のため一年ぶりにお手伝いで当番に入ってくれたお母さんと赤ちゃんのiちゃん。

D君嬉しそうだったなぁ。 一年ぶりの当番で、子供達の成長を伝えてくれました。  

もう今年も残りわずか、今年度もあっというまに過ぎ去りそうな、、、  

こどもたちの今を見逃さないようにしたいな。

あや









[PR]
# by kodomononiwa | 2017-12-01 22:55 | Comments(0)

11/24 親子の会日記

今日は秋色に染まる森をお散歩。

ばばちゃんの縦笛「どんぐりころころ」の曲に合わせてみんな集合、朝の会です。

b0339392_05391882.jpg
今日は11月生まれの子のお誕生日会。後ほどお誕生日ケーキを作るためにどんぐりや木の実を拾って歩きます。
b0339392_05402019.jpg

ウチの子は今日は全行程でほぼずっと抱っこ。
最近何でも「イヤ、イヤ」って言うのに抱っこの要求も強く…ツンデレか?
でもこんな風に抱っこをせがんでくれるのも今のうち。
親子おさんぽ会、というよりウチは「親がおさんぽ会」でしたが、抱っこして歩きました。


ひとしきり歩いて谷間に戻ってきたところでお弁当タイム。
今日のお昼のお題は「最近の子どもの成長」でした。みんなそれぞれの成長話を聞くことができ、「ウチも何ヶ月後にはそんな風になるかな?」と参考になりました。

お昼ごはんの後はお誕生日会。みんなで拾ってきた葉っぱやどんぐりでお誕生日ケーキを作りました!
おめでとう〜!



今日の手遊びはリクエストによりゆーみんの納豆さん。
ネバネバ〜♩楽しい歌です!
b0339392_05411471.jpg
森に来ると自分も自然の一部であるということを改めて感じさせられます。
葉っぱの色づきとともに、時の移ろいも実感させられます。今日のお題、タイムリーでしたね。

森の中でのお散歩。命を失う危険性も全くゼロではありません。
自然だからいい、自然ならいいということではないと思います。自然の中だからこそ日常生活にはない危険性もあります。
森の中の活動で危険な動物や植物、池や火について子どもに注意喚起する時、それは同時に子どもに「あなたはかけがえのない大切な存在である」と伝えることでもあると考えます。美しく素晴らしい自然、命に関わる危険もある自然の中でこそ力強く伝わるものがあると思います。

日常生活でも命の危険はあるし、どこまでいっても人は自然の中でしか生きられないのだと思います。(たとえもし将来火星に移住できるような時代がきたとしても火星の自然の中で生きることになるだけ)
自然の中で命を頂き生かされているということ。おごることなくいつも謙虚に感謝していきたいと思います。
子どもにも森の中での活動を通してそんな姿を示していきたいです

b0339392_05415514.jpg

輝く紅葉が目に沁みる一日でした。


ぽぽたん





























[PR]
# by kodomononiwa | 2017-11-30 05:33 | 親子の会 | Comments(0)