<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅狩りと梅干し作り

雨で延期になるのでは。。。と心配はどこへやら雨雲は去り青空が!
よっこちゃんはスーパー晴れ女だそうで拝みたくなりました。
梅狩り決行で場所移動となったらこども達は朝の会もソワソワしてなかなか集中できず。お友達と車に乗り合わせで乗ってけるだけでも楽しいもんね。
梅狩りさせて頂くのは八百津町の無農薬の南高梅。
b0339392_23482910.jpeg
梅の木には青梅が沢山。下にも熟した梅がゴロゴロ。ひとつひとつが大きくてとってもいい香りがプーンと。ばばちゃん「美味しそうだけど食べないでね〜」ついついペロッと舐めてる子もいました。
沢山拾ったよと見せてくれる子もいればすぐに飽きて虫を捕まえるのに夢中になる子も
どんどん上がる気温と湿度でこども達の体力とやる気を奪われます。大半が日陰で座りこんでしまいました。特に女子達。
b0339392_23495915.jpeg
近寄ると今日は誰とお昼ご飯を食べるか座談中でした。そんな会話は男子から聞いたことなく小さくても男と女ってこうも違うのねと面白く思いました。
b0339392_23511508.jpeg

大人達も頑張って沢山になりました。
さあ、移動してお弁当をたべて休憩してからもう一仕事。
梅干し作りです。
梅の汚れを布巾でコロコロ優しくとってお臍を楊枝でとる作業。
b0339392_23520693.jpeg

熟した梅は柔らかいから赤ちゃんをなでるように優しくね〜
b0339392_23524832.jpeg
上手だよUちゃん。Eくんも優しくコロコロしてるね。
b0339392_23542593.jpeg

次はお塩の入った袋を一人一袋もらいその中にきれいになった梅を入れます。
塩と梅を袋の中でなじませ
b0339392_23532818.jpeg

後は時間が梅干しにしてくれます。

こども達にとってはじめての梅しごとでした。
いつも食べているあの梅干しを作ってるていうことがピンとこない作業だっただろうと思います。
出来上がっても、あの時の!って思わないかもしれないけど来年再来年とやるなかで少しづつ理解されて行くのかなそれを下の子達に伝承していけたりするのかな。全然覚えてなくても大人になって梅の香りをどこかで嗅いで懐かしく感じてくれるものなのかな。それも嬉しいなと思いました。
息子はその後梅干しのことはあまり気にしてない様子だけど私がほら梅酢がでてきたよ〜って見せるとわぁって言って驚いてました。食べれる時が楽しみです。


いい塩梅のおいしい梅干しになぁれ。




なっちゃん

[PR]
by kodomononiwa | 2016-06-23 23:37 | Comments(0)

もりだくさん!


今日のようちえん活動は、いつもこどもの庭の活動を応援してくださっている、八百津潮南在住の後藤さんのご厚意により、潮南でお茶摘み&梅狩り体験をさせていただけることになりました。

では早速、後藤さんよりお茶摘みのレクチャーを受けます。

b0339392_21424517.jpg

「柔らか~い赤ちゃんの葉っぱを摘んでね!」
「これはどう?この葉っぱはいいの?」
おっ、みんな真剣な顔やね。
b0339392_19250586.jpg

この新芽の見極めがなかなかむつかしいよ。
「紅茶にするから100枚摘んでね!」っ言われていたけど、あらあらもう違うことを…
100ってたくさんすぎて、まだ良く分かってないかも~💧

続いて梅狩りです。

b0339392_19262044.jpg

こちらは小梅が鈴なりで、どれを採っていいのかわかりやすいね。
みんな勇んでプチプチ、プチ!
みて~、梅とれたよ~🎵

b0339392_19270024.jpg


そして次は、消防車を見せていただきました。
みんなで順番に運転席に乗り込み…
お~っ、Uちゃん様になってるねぇ、かっこい~❗

b0339392_19280570.jpg

b0339392_19283613.jpg


通りがかったご近所さんが、すぐりの実があるよ、と庭に招き入れてくださいました。
b0339392_19330047.jpg

わぁ、キレイな真っ赤な実!宝石みたい。
汗をたくさんかいた後に甘酸っぱくっておいしいね。
そして更に、○サブレのおやつまで!(母たちの分もいただきましたよ)
b0339392_19333306.jpg


さぁさぁ次はヒヨコ見に行くよ~

慣れないヒヨコの扱いに、足を持っちゃったり羽をつかんだり…💧
アワアワ…「もっと、もっとやさしくしてあげて~💦」と、よっこちゃん。
ちょこんと手のひらに乗ったヒヨコちゃん、可愛いね、温かいね。

b0339392_19342964.jpg

こちらのお宅では、飼い犬ブンちゃんにみんなでごあいさつ。
いっぱい触らせてくれたね~

b0339392_19380943.jpg

暑い中たくさん歩いてそろそろお弁当の時間です。
ここでもなんと、後藤さんから新鮮たまごのゆで玉子とサラダの差し入れ。

b0339392_19384001.jpg

自分のお弁当そっちのけで、ムキムキ、パクリ‼
あ~お腹いっぱい!
(お母さんごめんね、お弁当残しちゃったよ)
更に30℃超えの日にはうれしいアイスキャンディー🎵もいただいて。

そして午後からはまた潮南を散策。
ここの坂から見える夕日が最高なんだそう…

b0339392_19393120.jpg

心地よい風が吹く木陰で終わりの会となりました。

b0339392_19403913.jpg

お友だちと乗り合わせた車内は帰りも大いに盛り上がり、家に着いたとたん息子はバタンQ~となりました。

八百津町、たくさんの自然とあたたかい人情にふれた盛りだくさんの一日となりました。
後藤さんはじめ、潮南のみなさん、こどもたちにステキな体験と、風景をみせてくださり、どうもありがとうございました。
こどもたちの心に残る一日となったね。

また来ようね~!  潮南


ともちゃん


[PR]
by kodomononiwa | 2016-06-21 11:33 | Comments(0)

5/27 親子の会 野外炊事

今日は、今年度親子の会では初めての野外炊事!!
お米とお味噌汁を作りました!

火の番する人、お散歩に行きたい人と分かれ、出来上がるまでそれぞれの時間を〜
今日も、火おこし隊の方では、マッチに挑戦する子いましたよ!
みんなお母さんと一緒に頑張ってやってくれました!
b0339392_21212246.jpg
お味噌もときとき…
fsくんは最後まで一生懸命お味噌をといてくれました(^^)!
ありがとう!!

今回、お米の火の番をしてくれたいずちゃん(親さん)!
お米を失敗させないために全責任を背負い初めて挑戦してくれました!
私も、何回か経験してた炊事なんですが、火おこしから火の番を始めから終わりまではしっかりしたことなく…それが下手くそなこと…
しっかり、火おこしについて今回お勉強しましたσ^_^;
火がつけばいいというこではなく、蒔きの置き方、どれくらいの量がベストなのか、蒔きをくべる時に注意すること、後始末が楽になるように考えてなどなど…
しっかり考えてやらないとなんですね(^^)!

b0339392_07132885.jpg

お散歩行くはずが、お天気いいし、やっぱりお水が気持ちいいみたいで、今日は小川やバケツのお水が人気でした(^^)
気持ちいいし、やっぱりお水楽しいもんね(^^)!

kdくんからnmちゃんへタンポポのプレゼント♡
渡してる姿がなんとも可愛かったな〜(^^)

b0339392_07143469.jpg

具たくさんの美味しいお味噌汁完成ー!!!
いずちゃんの頑張りのおかげで、美味しいご飯も完成ー!!!
無事炊けましたー(^^)!
いずちゃんお疲れ様〜
ありがとうー!!
b0339392_07140007.jpg
ご飯もお味噌汁も完食しちゃいました!
あーお腹いっぱい!!

手遊び、絵本も楽しかったね(^^)


のんちゃん

[PR]
by kodomononiwa | 2016-06-10 21:18 | 親子の会 | Comments(0)

森でのバースデー

娘utにとって森で初めてのお誕生日会

前日から「utがカゴを持ってみんなに色々入れてもらうのー」と楽しみにしていた娘。
朝の会が終わり、みんなから森のプレゼントを入れてもらい嬉しそう。

b0339392_22572864.jpeg

しかし、数分後お誕生日のカゴの事は忘れ…

b0339392_23353514.jpeg

いつもの楽しいお散歩でスタート。

b0339392_23535889.jpeg

長い枝や短い枝で踏み切りができたね。

b0339392_23385077.jpeg

石を削り調理をしてジュースやケーキを出してくれるカフェがオープン。

b0339392_20274472.jpeg
 
頂上に着いてお弁当タイム。
hdくんが茶色のおしぼりを頭にのせてひょうきん顔で「ぬれバァさん」と言ったのが、とっても面白くてみんなで大笑い。

b0339392_00030394.jpeg

お弁当の後、娘はようやくお誕生日会のワクワクを思い出し「utのお誕生日会があるからね」とお友達と楽しそうに森を下っていく。

b0339392_23394783.jpeg

お誕生日会では、娘の産まれたての写真に「もっと見せてー」と目を凝らしながら見てくれたり、娘へ読んだ手紙も真剣に聞いてくれた子ども達。みんなありがとう。

b0339392_23431043.jpeg

こども達一人一人の事をとても大事に考えてくれているスタッフさんやおひさまさん達。
そんな温かい仲間の中で、娘は思いっきり自己表現しながら少しずつ成長しています。

b0339392_20503666.jpeg

大切なみんなに一年で一度の特別な一日をお祝いしてもらえたことが本当に嬉しかったです。

b0339392_00071671.jpeg
utお誕生日おめでとう。
あなたに教えられることがたくさんあります。
utの母にしてくれてありがとう、これからもよろしくね。

わくちゃん

[PR]
by kodomononiwa | 2016-06-09 22:07 | Comments(0)

おひさまさん

若いころ、こどもって苦手だった

なんだか得体のしれない何か、っていう存在で…

こんな私が保育をするっていうのも不思議な感じがするのですが

ようちえんが始まり、保育当番に入りはじめて

働く母への皆さんのご考慮で、週に1回のペースでこどもたちと一緒の時間を過ごします



入る日は楽しみでもあり、正直不安でもあり

ワクワクとドキドキが混在します


でも、久し振りの森も少し歩いて樹々の元に集まれば、ほら

何だかすぐに心がほどけてきます

b0339392_00595277.jpg


はじまったばかりの頃には、てんやわんやだった朝の会もみんなぴたっと集まり



b0339392_15454839.jpeg

お歌もご挨拶もみんなばっちり、息も合ってる!

今月の歌 つばめ も、もう覚えちゃったよ!勢い余って2回も歌っちゃおうか~


一か月でここまで出来たんだ…驚きと嬉しさが込み上げてきます



絵本を聞く真剣な眼差しが愛おしい


b0339392_15461000.jpeg




散歩が始まると…みんなのペースはそれぞれなので

おひさまさんは、その場所で臨機応変にそのカラーを醸し出します

b0339392_15465359.jpeg


あれ~ uちゃんが動かなくなっちゃったよ~

ちょっとみんな手伝って~

うんこらしょ、どっこいしょ


b0339392_15504133.jpeg


この石は、こうやってー チョークの石だよ!





b0339392_15510934.jpeg


進むかどうかは気分次第… 少し離れて待とうかな


b0339392_15513230.jpeg


最近はやりの 私とお相撲してー

あー負けちゃったー




やりとりをしたがらなかった二人も、今日は仲良くさくらんぼジュースづくり

こども同士のやりとりが、こどもたちだけで少しづつ展開されていってます


b0339392_15515095.jpeg


匂い、味、色、触感…

手が赤く染まるまで拾って食べたね




少ないながらも保育に入り、こどもたちとの時間を共に過ごし

はじまったばかりの私たちのようちえんの事、毎日々々考えています


ようちえんって何だろう…

こどもを預けるところ?

人生でこれから来る集団生活や社会への適応の為の予行練習場?

森のようちえんに出会う前はそう思ってた



私たちは、ようちえんをどうしていきたいか



そして、思う


森のようちえんって、子育ての場所なんだなって


まだ無垢で純粋でやわらかなこどもたちと、真正面から向き合うんだけど

ひとつひとつを丁寧に丁寧に、仲間と一緒に考え

ひとりひとりの育ちに寄り添って

小さな成長をみんなで共有して喜び涙する…


こんな贅沢な子育てってないよね! …ほんとにそう思う一方

まだ図りえないこの活動への理解を寄せてくださる家族や
こうやって今関わらせていただいている周りの方々に感謝の気持ちもいっぱい

でも、こういう贅沢はほんとは全てのこどもとお母さんに味わってほしい!

こどもと一緒にここで生きてるっていう確証を体中で感じてほしい!


こどもたちにとってようちえんのこの時期に

たっぷりの愛情に囲まれて過ごすこの時間は

その人の存在価値をゆるぎないものとする根幹になっていくってこと
噛み締めながら、一歩一歩あゆんでいくんだな…


ひとりひとりのおひさまさんの

それぞれの真剣な想いで出来上がっていく子育ての環境が

森のようちえん





ママ、きょう、おひなさま?

何度なおしてもおひなさまになってしまう息子の発達段階は緩やかだけど、微笑ましくて

暖かく見守って下さるみなの中で、そのままでいいよって思ってしまう


わたしも、おひさまとしてまだまだ出発したばかり

何をするにもはたと考え、なかなか思うように進めませんが



お互い緩やかに育たせてもらおうね~


b0339392_15530514.jpeg


まき


[PR]
by kodomononiwa | 2016-06-03 00:53 | ようちえん | Comments(0)