<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コネクティング ドッツ

b0339392_22595133.jpeg

コネクティングドッツという言葉をご存知ですか?

iPhoneを開発したスティーブンジョブズの、大学での有名な講義の中でのキーワードです。

コネクティングドッツは和訳をすると点と点をつなぐという意味です。

私は今回初めてこにわの保育に入り、このコネクティングドッツという言葉が頭をよぎり、改めて考えさせられました。

b0339392_23051926.jpeg

本日の活動は、年少と年長さんがにじみ絵。
年中さんは、森の中の散歩でした。

そして今日は年中の息子の誕生日会。
こどもの庭では、園児の誕生日には、仲間たちが森の中で見つけた綺麗な木の実、葉っぱやツルなどを集めてくれ、本人がケーキに見立てた切り株、名付けて“森のケーキ”に飾り付けることになっています。


b0339392_23042842.jpeg


年中の息子は他の仲間達と一緒に森の中に繰り出していきました。体の大きさと同じ位の大きさのリュックを右左に揺すりながら森の中に入っていく息子の後ろ姿はいつもより頼もしく見えました。


b0339392_23003773.jpeg


平日ですので散歩の途中、仕事の電話が何回か入りました。いつもなんとなく見ている山の紅葉や、澄んだ空気や空の鮮やかさにリラックスできたのか、不思議と穏やかに電話対応できている自分に気が付きました。

b0339392_23192519.jpeg

さて、歩き始めて30分。ここで一つのハプニングがおこりました。枝を持って遊んでいた男の子がふざけて息子の頭を叩き始めたのです。

最初は笑っていた息子も5回6回と叩かれ続け、ついに泣き出してしまいました。

家の中の兄弟喧嘩ならすかさず止めに入るのですが、今日はこにわの引率係。ここは止めに入らず少し様子をみることにしました。

泣き続ける息子はいつものごとく私の膝に抱きつき、だっこをせがんできました。しかし今日は数分このまま放置してみました。


するとその様子を見ていた2人の女の子たちが息子の方に近づき息子が悪くないことを弁明し始めました。

そして女の子2人は息子の手を引いて山上へ登って行きました。



ほんの数分の出来事でしたがいろんな思いが頭を巡りました。

子供たちの世界に踏み込むべきか…
大人として何かアドバイスをするべきか…
実際、急に起こった事だったので何も対処ができなかったというのが正直なところです。少し時間が経ってから私は、あの時息子は何を感じていたのか聞いてみました。それから私の考えも少し彼に伝えてみました。


b0339392_22585011.jpeg


でもこの時、先日、本で読んだスティーブンジョブズの演説を思い出したのです。



コネクティングドッツ[点と点をつなぐ]


この演説でスティーブンはこう語ってます。

『先を見通して点をつなぐことはできない。
振り返ってつなぐことしかできない。
だから将来何らかの形で点がつながると信じるだけだ』


子供達が点を形成する上で大人がどれくらい関与していいのか…子供達の話し合いでどのタイミングでアドバイスすれば良いのか…悩んでしまいます。

私が今日感じたことは、大人として子供と対峙しない方がいいのかな、ということでした。問題が起こったとき、大人の目線で問題を対処することではなく、子供と同じ側に立ちその問題に立ち向かうことが大切なんじゃないかと思うのです(ここにはすごい忍耐と粘り強さが必要となりますが…)。

b0339392_23140567.jpeg


大人達はすでに成長過程でたくさんの点を持ち、結び、それを頼りに生活しています。

まだつながらない点だけを重ねていくことは時に不安になります。でもここでは、大人からの押し付けではないこどもたち自らが点を記す場として、親も子も学んでいます。それが将来何につながっていくのか分からないけれども、子供達の可能性を信じて今はたくさんの点集めをしてもらいたいと思います。

b0339392_23170555.jpeg

そしていづれいろんな点を紡いだ子供達が各々の価値観でこにわにOB,OGとして集まり、次の世代の子供達に新たな点を提供してくれるといいなあと思います。

b0339392_23175066.jpeg


気付きの多いパパ保育。
こにわのお父様方も是非、いつもと違う自身の子供達に会いにきて見てはいかがでしょうか?

b0339392_23181879.jpeg


しんさん

[PR]
by kodomononiwa | 2017-12-25 22:19 | Comments(0)

12/8 親子の会日記

二学期最後の親子の会は野外炊事。
ご飯とお味噌汁を作る予定でしたが、
前日の天気予報は明け方から雪、そして雨。

一時中止の話も出ましたが今期の野外炊事は雨で中止になることが多く、
サポートスタッフの中でも小雨ならカッパで着てでもなんとかやりたい!
という想いが強かったので次第に小雨になっていくお天気の中、雨ガッパを着ての野外炊事が始まりました!

b0339392_06243796.jpg
雨で湿気っているせいか火がなかなかいつもの様には付かず苦戦しましたが、ばばちゃんから的確なアドバイスもらい無事点火。
b0339392_06253397.jpg

点火後はKちゃんが火の番人となりテンポよく薪をくべていきます。冷たい小雨が降る中、自然と皆が火の周りに集まっていました。
b0339392_06262491.jpg

b0339392_06264390.jpg
里山クラブさんからいただいた原木しいたけをみんなで千切って鍋に入れたらあとは出来上がりを待つばかり。
b0339392_06274695.jpg
火の番をしてくれる子、お散歩する子、管理棟で遊ぶ子、皆、それぞれの時間を過ごしながらお味噌汁、ご飯が出来上がるのを待ちます。
b0339392_06282696.jpg

b0339392_06291387.jpg
炊きたてご飯と
NくんとKちゃんがお味噌をといてくれたお味噌汁でいただきまーす!
b0339392_06300916.jpg

b0339392_06302477.jpg
冷えた身体があったまるね。みんなで持ち寄った野菜とお味噌だけで作る豚汁はお出汁無しでも美味しい!ご飯もいい感じ!

お腹が満たされた後はばばちゃんの手遊びとてんちゃんの絵本を楽しんで今学期は終了しました。
b0339392_06320628.jpg

親子の会に参加するようになって一年弱。
最初から嫌がらずに一人で森を歩いてくれたけど
お友達の輪にはなかなか入ろうとしなかった娘が、
この頃一緒に走ったりベンチに座ったり
私の手から離れて遊ぶ姿をみせることが多くなり、
少しずつ成長してるんだなあとしみじみ。
b0339392_06372303.jpg
また来年も元気に集まろうね。
真冬の森で、こどもたちはどんな姿を見せてくれるか
今から楽しみです。

きっとめっちゃ寒いんだろうなあ、、(笑)

あっちゃん

[PR]
by kodomononiwa | 2017-12-25 06:22 | 親子の会 | Comments(0)

ようちえん日記 バッタ

私達が、ようちえんのフィールドに使わせて頂いている森を、管理してくださっている方々から、シュロの葉と、そのシュロの葉で作るバッタの作り方を書いた紙を頂きました。

朝の会が終わって、そのシュロの葉を見つけた子供たち。作り方をみながら、大人と一緒にバッタを作ろうとするも…
なかなかムズカシイ…

やーめた

と、外に遊びに行く子供たち。

なんとか、バッタを作りたいと頑張る私でしたが、本当にムズカシイ。
あきらめようかな
と、心がゆらぐものの、私の横に、手先の器用な年中のakちゃんが、ずっと、静かにバッタの完成を待っている。

まだ?

とか

早く

とか、急かす言葉も一切なく、ただただ静かに待っている。

私は、

頑張れ、私!
バッタよ、出来てちょうだいっ

と、心中で自分を鼓舞すること、数分。
もしかしたら、数十分経っていたかもしれません。

できました! バッタさん
b0339392_19261772.jpeg
人付き合いがうまいakちゃんは、最初に出来た、そのバッタを、私の息子に持って行ってくれました。

yくーーん! バッタ出来たよーー!

akちゃんの声に、手仕事好きのtmちゃんとutちゃんが戻って来て、バッタを欲しがり、頑張って、自分で作ってみたりし始めました。

ふと、気づくと、年少のsnくんが、シュロの葉をにぎにぎしながら、私の側にいました。
私の側に来ることは、めったにないsnくん。
バッタが作りたいんだな、欲しいんだな、と感じて、出来上がったバッタを渡しました。

バッタを受け取ったsnくんは、本当に嬉しそうに、ニッコリ笑いました。
本当に可愛い笑顔で、
この笑顔を守るために、世界が平和であるように、とまで私に思わせる笑顔でした。

私は、この日、手仕事大好きな女子3人に、何匹のバッタを作ったのかしら…
1日、バッタ職人になっていた日だったけれど、子供たちの笑顔がいっっぱい見れて、心がホカホカした1日でした。

追記
写真のバッタは、シュロの葉が乾燥してしまっていますが、出来上がったばかりのバッタは、シュロの葉がツヤツヤで、それはそれはリアルな仕上がりのバッタでした。

かっち


[PR]
by kodomononiwa | 2017-12-13 19:14 | Comments(0)

12/1親子の会日記

あっという間に、今日から12月突入です!1年は早いものですね

冬らしく朝から冷え込んでいましたが、こども達は元気いっぱいです

朝の会で、一人ずつこども達の名前が呼ばれると「はーい!」と聞こえてくるお返事。元気そうなメンバーの顔をみて、声を聞くとパワーを貰って、"さぁ!子どもの庭がはじまったぞ!"とワクワクします。 

今日のお散歩はコースの途中に実った冬いちごを摘みました。
b0339392_11521787.jpg

小さくて赤くてツヤツヤした、かわいい実を探すのに、大人も子どもも一生懸命!
b0339392_11523085.jpg


食べてみると、少し酸っぱい。でもよーく味わうと甘みがあって。

b0339392_11524299.jpg

最近好き嫌いが出てきて、イヤなものはほじくってポイっ!!
なーんてことをやらかす我が子が「ぶどうおいしい!」といってパクパク食べていたのにはビックリ!


自分で摘んだからこその美味しさなんだろうなぁ

ぶどうじゃないけどネ!

寒いのは苦手だけれども、冬だからこそこんな体験ができる。親子で自然を感じられるこの時間が過ごせるって、とても贅沢なことだな〜としみじみです。


ご飯を食べて、今日のお話のテーマは「活動中や普段で、危険だなと思ったこと」

こどもを全ての危険から遠ざけることはできないけれど、親が気をつけてあげなきゃいけないこともある、

自分のこどもは自分で見る
のが基本だけれども、皆で子育てをしていこう

このテーマは親として何度も考えますが、
とても大切で、答えは出ないテーマだなと思います。

バランスをとるって難しいです。人によって感覚も違う。でも、こどもを守りたいっていう気持ちは、皆同じですもんね^^

話が聞ける機会があって良かったです。


最後は、
12月の子と、11月のお誕生日会に欠席してしまった子のお誕生日会

皆が拾ってくれた葉っぱや木の実で飾ったケーキでおめでとうー!!
b0339392_11530279.jpg


今日も良い一日でした♪








[PR]
by kodomononiwa | 2017-12-05 11:51 | 親子の会 | Comments(0)

ようちえん ろうそく飾りの巻

前回のようちえんブログの続きです。
http://kodomoniwa.exblog.jp/27709732/

前回、みつろうでろうそくを作って、

今回はろうそくの台座にそれぞれ飾りつけ。

台座はようちえん父さんが切ってくれました!!
ありがとうございます^_^

みんなで森で集めた素敵なものを思い思いに。

b0339392_20530967.jpg
b0339392_20523671.jpg

b0339392_20531681.jpg


b0339392_20530010.jpg
うーん、細かいっ!! ケーキみたい。

b0339392_20532510.jpg

でーきた♡ ろうそくの太さも飾りもそれぞれでステキー♡

クリスマス会で灯すのを楽しみに、、、

終わった後はお散歩へ。

b0339392_20533368.jpg

森の方が大きな木を切られてました。

じーっと見てます。


b0339392_20534992.jpg

この日はなんと出産のため一年ぶりにお手伝いで当番に入ってくれたお母さんと赤ちゃんのiちゃん。

D君嬉しそうだったなぁ。 一年ぶりの当番で、子供達の成長を伝えてくれました。  

もう今年も残りわずか、今年度もあっというまに過ぎ去りそうな、、、  

こどもたちの今を見逃さないようにしたいな。

あや









[PR]
by kodomononiwa | 2017-12-01 22:55 | Comments(0)