新入園児交流会 子どもたちなりの表現

朝から雨が滴る中、今日は、新入園児交流会の日。

いつもと、ちがう友達、お母さんがやってくる!!!!

朝から、「おはようーー」と、声を掛ける子もいれば、ちょっぴり、悪態ついてみせたりする子もいます。

新入園児のお母さんや、子どもたちも、ワクワクドキドキした様子で、炭焼き小屋の中で近くに集まっていました。

朝の会も、いつもより、なんだか落ち着かない様子。

大人の私は、ほらほら!!新しくきてくれる友達に優しくーーーー!!!新しくきてくれるお友達や、お母さんたちはドキドキしてるのよーーーー!!!
と、心で叫んでしまうのでした。

今日は、年中さんと、新入園児さんが、先に誕生日に使うろうそく、クリスマスに使うろうそく作り。年長さんと、年少さんが、先に散歩に出かけることに。

そして、新入園児さんとわかれて、散歩に出掛けたとたん!!!
さっきまで、気持ちが高ぶっていた子どもたちが、スーーーーーっと落ち着いて、さっきとは、まるでちがう空気感。

新しい友達が、きてくれることは、もちろんとても嬉しいことなのですが、子どもたちにとっては、嬉しいことでもあり、恥ずかしいことでもあり、また、自分を大きくみせたいところでもあるようで、、、、、ちょっぴり不安もあるのかな、、、

そんないろんな気持ちをうまく表現できる子もいれば、いろんな気持ちのバランスがうまくとれずに、落ち着かない行動に出てしまうこともあるようです。

そんな感じで、はじまった今日1日。

ろうそく作りでは、一列に並んで、ヒモに蜜ろうをつけていきます。
根気のいる作業ですが、蜜ろうの甘くていいにおいをかぎながら、だんだん太くなっていくろうそくを嬉しそうに見つめる子どもたち。

b0339392_00041790.jpg

年中さんの間に、新入園児の子を入れて並ぶのですが、列からはみ出してしまう新入園児のこに、優しく「こっちだよー」と声を掛ける子もいれば、すごくお世話をしたい気持ちがあるのだけど、どのようにしていいのかわからず、服をひっぱってみたり、、、、

あとで、新入園児のお母さんが、そんな姿をみて、不器用だけど、お世話をしたいという気持ちが伝わってきてかわいかったと話して下さいました。そんなふうに、見てもらえたことも、とても嬉しかったです。

b0339392_00090279.jpg
新入園児さんも、とても落ち着いていて、お母さんと一緒に何回も何回も蜜ろうに付けて、太くしていきました。これは、来年の誕生日のときに使おうね!!!





一方、お散歩チームは、ゆったりペースで進んでいきます。

お気に入りの木を見つけ、電車の踏み切りごっこ、お気に入りの石を見つけて、電話にしたり、リモコンにしたり。

森の中って、おもちゃは、何1つないけど、全てがおもちゃになり、どんな遊びも自由自在!!!

b0339392_00133422.jpg

かきを見つけ、必死に棒でかきをつぶす年少児2人組。
ただひたすら、もくもくと、かきをつぶします。
なんか、こういうのとっても楽しかったなーーと、自分の小さかったころのかすかな記憶が蘇ってきました。

b0339392_00160084.jpg

しばらくして、次なる場所に進みます。

そこは、年長さんたちのリアルなレストラン!!


b0339392_00174646.jpg

「いらっしゃいませ〜〜。」
「カレーはいかがですか。」
「おこさまカレーもありますよ。」
「すみません。おこさまカレー売り切れてしまいましたのでー、おとなのからいカレーならありますよ。」

などなど。

b0339392_00204515.jpg

そして、でてきたカレーはこんな感じ。
b0339392_00222594.jpg

赤いのは辛くて、オレンジは甘いらしい。

炭焼き小屋に戻って、次はろうそく作り。

年中さんのTちゃんは、まだまだ根気よくろうそく作りを続けていた。

b0339392_00265137.jpg

自由自在に遊ぶこともとっても楽しいし大切だけど、こうやって、ときには、早くやりたい気持ちを抑えて、順番に待つことも大切。

ここでも、年長さんの間に年少さんは入れてもらい、順番に待ちます。

それぞれ、自分の感覚で、できあがったと思ったら、終わり。

できたろうそくはこんな感じ。
b0339392_00310888.jpg

太い子もいれば、細い子もいる。曲がっている子もいれば、まっすぐな子もいる。
みんなそれぞれ。
みんなちがって、みんないい。

なんか、ろうそくをみながら、一人ひとりみんなちがっていて、表現はさまざまだなーと、新入園児さんとの交流も、それぞれの表現あってがあるなーと、しみじみと感じてしまった。

子どもたちの心の声に、心の耳を傾けていきたいと感じた1日でした。

b0339392_00510983.jpg

のりちゃん

[PR]
# by kodomononiwa | 2017-11-01 23:46 | ようちえん | Comments(0)

☆篠秀夫さんお話会開催☆受付終了

☆篠秀夫さんお話会開催☆

11/1水曜日
茅ヶ崎より篠秀夫さんをお招きして、お話会を行います!

※受付は終了しました。

b0339392_11374071.jpg

篠秀夫さんってどんな人?という方は、
下記のホームページやブログをご参照ください↓

篠秀夫さんホームページ↓

篠秀夫さんブログ
「森へ行こう」


こどもの庭スタッフ、ようちえん母一同、
篠先生の発信を通じて、保育や子育てのヒントをいただいています。

篠先生のお話を通じて、地域のお母さんたちの子育てが、もっと楽しく、もっと幸せなものになるように…
そんな思いから、クローズで行なう予定だったお話会を一般の方にもご参加いただけるように設定し直しました!

☆篠秀夫さんお話会☆

◎テーマ◎
「気質を生かした子育てのヒント」
〜自分を知って、子どもを知って、子育てを楽しもう〜

◎日時◎
11/1(水曜日)
10:00〜11:30(9:45受付開始)

◎場所◎
可児郡御嵩町  伏見公民館  3階 大ホール

◎定員◎
20名ほど
(会場の都合上、人数制限をさせていただきます。)

◎参加費◎
1000円(一般の方)

※今回、託児はご用意していません。なるべく大人のみでご参加いただけると助かりますが、同室にお子さんの過ごせるスペースも設けます。
お子さんの様子をみて、周りのかたへのご配慮をお願いします。


◎お申込み先◎
件名を「お話会申込み」としていただき、
・お名前
・連絡先メールアドレス&電話番号
・お子さま同伴の有無

上記を記載のうえ、下記アドレスにお申込み下さい。

yao2koniwa☆gmail.com(担当 園田)
※☆を@に変えてお申込み下さい。

◎お申込み期限◎
10/10〜10/27まで


みなさまのご参加、お待ちしております!



こどもの庭 代表 園田智子







[PR]
# by kodomononiwa | 2017-10-30 11:23 | お知らせ | Comments(0)

10/13 親子の会日記

10/13 親子の会 日記

今日のお散歩も雨ふり。
最近の天気は雨が多いですね〜

朝の会、のんびりスタート〜
こどもの庭の歌の時には歌詞にあるように…
みんなで手と手をつないだら
でっか〜いひとつの輪になろう〜♪
っとでっかい輪ができていました(^^)
9月から入会した子達もなれきた様子♪

小さいどんぐりや大きいどんぐり。
いろんな形の葉っぱ。
b0339392_08463181.jpg

顔よりでかい葉っぱを見せてくれたsfちゃん
ほんとおっきいね!
手みたいな葉っぱだね〜

我が娘も、より大きいホウバノハ探しに夢中でした!笑

葉っぱにたまったまーるいツユ⁉︎を見つけたkeくん
見て見てー綺麗だよーっと!教えてくれました!
なかなか小さいのによく見つけたね〜⁉︎すごい!

母と手をつないで楽しそうに歩く姿や、今日は、お腹が空いちゃってお散歩気分ぢゃない子もみんな母と寄り添う大事な時間♡
また、母も子供とゆっくり向き合える時間♡

ふと、来年ようちえんに上がる娘と親子の会で過ごす時間もあと…っと考えてしまったらなんかちょっと寂しくなってしまった私。。。
娘が10カ月くらいの時から通わせてもらい、にいつの間にやら。。。笑
b0339392_08172305.jpg
初めての子育てに不安もあり、悩んでいることがあれば、ここにきて話しをきいてもらい、アドバイスや共感してもらえるとスゥーっと気持ちが楽になって、帰りはルンルンで帰ることができたなー(^^)
他にも魅力を話したいとこだけど、長くなりそうなので、、、笑
そんな居場所があるなんて幸せだな♡
っと改めて感じながら、先を歩く娘の背中をみて、娘よありがとう♡という気持ちになりました(^^)
b0339392_08194045.jpg
そんな気持ちに余裕をくれるこの居場所♡
仲間や自然のパワーはすごいなー!
今ではここは私のパワースポット☆笑
って!私事をはさんでしまいすみません!
戻ります!笑


今日の、お昼のお題は、
寒くなると食べたくなるもの!
鍋、おでん、鍋焼きうどん、グラタン、肉まん、すき焼きに、あったかい部屋で高級アイスクリーム!!
あーどれも食べたくなるなる!!
さすが食欲の秋ですね!笑


今日の手遊び、絵本も一生懸命まねしてやってくれたり、お父さんやお母さんのお膝の上で楽しそうにしてくれたりとあったかーい時間が流れていました(^^)

来週は、草木染めです!!
どんな仕上がりになるか、みんなの出来上がりが今からとても楽しみです!!
晴れますよーに…☆



のんちゃん

[PR]
# by kodomononiwa | 2017-10-30 08:45 | 親子の会 | Comments(0)

5歳を迎えて

5歳かぁ〜
と考えていたら ふと息子が森に行きだした時の事を思い出した
息子が森に行きだしたのは生後11カ月。
歩けるようになってからは動物の様だった。
私が言う言葉はほとんど入らず
自分の感覚が全てでした。
森以外ではその行動が問題行動にとらえられてしまう時があったけど
森に行けば目を輝かせ誰にも邪魔されずたっぷりと五感をフル活動で楽しんでました。

親子で行く森のさんぽ会に遅刻してしまい
最後の列に必死で追い付こうとする私から
すーっと斜めに外れ2月頃だったと思うけどキンキンに冷えた地面に寝転んだ
空を見て暫く動かなかった時はオイッと思った。
森を体で感じているのか交信していたのか。
そこには息子と森だけの対話の時間が流れてる様だった。

森のようちえんで5歳を迎えた息子はもう森で急に寝転ぶことはなくなった。
他に森との交信の仕方を身につけたのかわからないけど
息子と森だけの時間ではなくなり仲間が加わりより楽しい森となった。
森 仲間 たっぷりと遊べる。

大好きなことがそろってるこのようちえんを息子は気にいってる。

やせい的に拍車がかかりお手上げだった時は森に行くことに疑問に思った時期もあったけどすでに息子は楽しーって全身で伝えてくれてたんだなー色々考えてしまうけどまずは目の前の子供が笑ってたらとりあえずまいっか。

ゆっくりとした時間が流れてる森の中で子供たちと一瞬一瞬を過ごせることに感謝。



なっちゃん





[PR]
# by kodomononiwa | 2017-10-22 02:31 | ようちえん | Comments(0)

ようちえん 10/12 息子4歳。母も4歳。

10/12
前日までの昼間の暑さとはうって変わって
日中も肌寒くなってきた今日。
四年前、息子が産まれた時もこんな感じだったなと
しみじみしながら 今日は息子mt4歳のお誕生日会。

b0339392_07021434.jpg

『今日はmtくんにお手紙書いてきたの』とkhちゃん
右手には母てづくりの編みかご。
なんだか今日は特別な一日!

いつものメンバーと合流して
かっこいい棒を探しに出かける。

b0339392_07024166.jpg

…やっぱりいつもと変わらない朝。

ここの木の下でサクランボを食べるのも日課。

b0339392_15504514.jpg

とってー、とってー、と大人にお願いする子の中で
kyくんは自ら木に登って採ります!野性的!

食べるのが大好きな息子mt。
kyくんに採ってもらったサクランボ…
『これ、ケーキの飾り付けに』と言われたのですが
カゴに入れようか・・・食べてしまおうか・・・

b0339392_15510434.jpg

握りしめて、ジッと眺めて、数秒考えて、
やっぱり食べてました(^_^;)

さて、数十分後、ようやく歩き始めます。
いつメン?!sくんとekくんと
ちょっぴりお下品な言葉を永遠と発しながら(笑)
ずんずん歩きます!

数歩先を行くekくんが
『ここ通ったらおかしのにおいがした』
うん、確かにあま〜い香り!
そこにはカツラの木。

葉っぱがたくさんためてある場所で一休み〜。
三人仲良く座って魚釣りをしているそうです。

…と、あれ?!なんか喧嘩が始まった。
mtとekくんが何やらお互いをペチペチやりあう。
泣いたのはmt。

b0339392_15515676.jpg

見ていたsくん『mtくん、どうしたの?』
ekくんは決まり悪そうな顔。

私は彼らの後ろで見ていたので、
泣きながら母のところへ来る息子。
最低限の介入をしますが、すぐにごめんね。って仲直り。
その瞬間なにごとも無かったかのようにまた遊び出す。

『さて、散歩つづけよか』って立ち上がって
歩き出す彼らを見ていたら
『mtくん、さっきは、ごめんね。』『いいよ、』

・・・

b0339392_15522440.jpg

芝生広場へ行ったら、女の子がお菓子屋さんを開いていました。
khちゃん『これ、チョコだんごだから、どうぞ〜』

b0339392_15530416.jpg

yちゃんは、ず〜っとなにかつくってる。
ビニール袋に水をくみにいったり、手がかかってて
なかなか完成しない模様。

b0339392_15532441.jpg

『できた〜!』

b0339392_15534202.jpg


男の子たちもやってました。

b0339392_15541718.jpg

・・・

私が保育当番に入るのは二度目。
下の子がまだ小さく、夏のうちは入れずにいました。
私の当番をずっと待ちわびていた息子。
私の手を握って離さないのだろうか?なんて思ってたけど

もうそこにはちゃんと彼の居場所があって

b0339392_15543672.jpg

彼のペースで
好きな人や好きなものや好きな場所ができてて

b0339392_15545460.jpg

少しずつ、私から離れていってしまうんだなぁと
何メートルも先を歩く息子を見て

b0339392_15551597.jpg

こうして大きくなっていくんだなぁ。
いつも当たり前のように一緒に過ごす中では
あまり感じられないことを感じた一日。

息子に見放され?!、ひとりで歩いていると
hdくんが『このお花、mtくんのケーキの飾りにする』と
可愛いお花をたくさん摘んでくれました。

b0339392_15555364.jpg

さぁ!いよいよ飾り付け。
カゴには飾りがちゃんと集まったかな…?

b0339392_15561180.jpg

・・・バッチリd(≧▽≦*)

b0339392_15570936.jpg

今日は自分が主役!
みんなに注目されるのは慣れないよね。

b0339392_15572798.jpg

いいお誕生日会となりました☆

みんな、一緒にお祝いしてくれてありがとう。

b0339392_15574242.jpg

息子が4歳なら、母も4歳。
こ庭入園から、半年が経ちました。
子どもたちと接する中で、どのような関わり方をするべきか?
そんな疑問ばかりでした。

特に、いきものとの接し方。
純粋かつ好奇心旺盛なこどもたち。
それゆえ、残酷な結果となることもしばしある。
好奇心だと思って口出ししないべきか。
それとも、命の大切さを口にするべきなのか。
ただ、自分がそれを見ているのが辛いので
いやだな〜それは、ちょっと…と
一人の人間としての感情を口にしたこともありました。

先日、畑から幼虫が出てきたとき
息子が『つぶす。』と一言。

私は、どのようなリアクションをしたらいいのか
途方に暮れていたところ
とある人が言いました。
『潰してみなさい。』

その一言が、私にはとても腑に落ちました。

いきものについて、命の大切さをことばで伝えたところで
こどもになにが響く?

私たちが言うことはすべて、自分で経験して
そのとき感じた気持ちがあるがゆえのこと。

子ども自身が、思って、行動して、感じて、考えて、
その〝瞬間〟がすべてなのだ。

こ庭スタッフが言ってた。
『子どもたちは、〝今〟を生きてます。『』

今日もお友達との喧嘩のやり取りがありましたが
たくさん喧嘩したらいい。
叩き合えばいい。泣けばいい。
そこで、何を感じるか。
悲しい、楽しい、可哀想、痛い、
言葉にできないほどのひとつひとつの感情は、
自ら本物として体験しないと分からない。

…個人的には、もう少し大きくなった時に
見つける幼虫や生き物をすべて踏み潰してたのを見たら…
その時はその時で対処するでしょうが。

いきものとの接し方について、また
子どもたちとの関わり方について、
見つめ直すきっかけとなりました。

つらつらと書きましたが、
こ庭のスタンスがこうなのかと言ったらそうではなく
母が十何人もいて、ひとりひとり考えや接し方ももちろん違うわけで。
個人ブログでないのにこのような事を書くべきか悩みましたが、
あくまでひとりの母として思うことです。
色んな考えの母がいて、こ庭になっているわけで
ひとつの事柄に対して、母によって対処法はもちろん異なりますが
それがまた醍醐味だと思っています。
統一する必要もないし、お母さんによって
言ってることや、やってることが違うのは
むしろいいことだって思う。

みんな違うんだし、一番大事なのは
やっぱり自分がどう感じるのか。

そんなことを思いながら、やっぱり
いろんなお母さんと関わりながら育つ環境におかれる今
息子にとっても私にとっても
とてもいい場所を見つけたな^^

そう思う4歳の母であります。

エリック

[PR]
# by kodomononiwa | 2017-10-21 01:03 | Comments(0)