第二回お散歩会 無事に終了☆

本日、第二回お散歩会が無事終了しました!
b0339392_21400389.jpg
今回は11組の親子さんが参加して下さいました。
10月とは思えない、おひさまサンサンのあったかい陽気のなか、ドキドキ、ワクワク、ちょっと緊張気味のお母さんから、二回目の参加で表情も柔らかいお母さんまで。
たくさんご参加いただきました。

子ども達は、朝の会の前からさっそく木の棒を手にして トントン、トントン、大工さんの真似かな?

今日は栗が拾えるかも…と朝の会でお話。でも、藪の中にはヘビがいるかも⁉︎
秋の森は楽しみいっぱい、でも危険もある。そんなお話もして、さいごにいつものお約束。「今日は、ダメ、汚い、危ないを言わないで子どもをゆったり見守りましょう。」
そして出発♪
b0339392_21563414.jpg
今日はいつも一緒、仲良し3人娘が先頭をダッシュ!!
それにつられて、歩き組は一生懸命走ります。
おーい!マラソンじゃないよ…(汗)
普段はすぐに抱っこをせがむ子も、3人に追いつくために必死。
あっと言う間にお散歩おわり…
早過ぎて後戻り。

b0339392_22043060.jpg

のんびり組や、抱っこ組は落ち葉を拾ったり、栗を探したり。
b0339392_22073724.jpg
そして、拾った栗をその場で茹でて味わいます。
b0339392_22091236.jpg
小粒の山栗はほんのり甘くて、ホクホク♪
今日初めて栗を食べたという子も、いつもは食べない子も、みんな笑顔で味わっていました。

お昼ご飯の時間には、参加者さんみんなで子育ての話、森のようちえんの話をシェア。
お母さんは、もっと自分に自信を持って、ありのままの自分を受け止めていけばいい。
そして、子どもも受け止め、認め、信じる子育てを心がけてみよう。
そんなお話をしました。
その後、手遊び「大きな栗の木のしたで」
絵本の読み聞かせもみんなじっくり聴いてくれました。
b0339392_22270040.jpg
今回は二回目ということもあり、参加者さんたちの作り出す、和気あいあいとした雰囲気がとっても心地よい時間でした。

「一人で参加は心細かったけど、仲良くみんなで話ができてよかった!」
参加者さんのひとりのお母さんがそう話してくださって、私たちスタッフも嬉しいかぎりです。
自然のなかでは、普段よりもリラックスして素顔の自分になれる気がします。そこで出会う人との交流も、おのずと自然体で無理のない人と人とのつながりを生んでいくのではないかなと感じました。
今日のような温かい雰囲気の中で、お母さん同士がつながりあって、子ども達を見守っていく場を作っていきたい。
改めてそう思いました。


ばばちゃん



[PR]
# by kodomononiwa | 2014-10-01 22:48 | 開園準備 | Comments(0)

講演会に行ってきました♪

昨日、NHKすくすく子育ての出演でお馴染みの 汐見稔幸先生 の講演会に行ってきました♪
講演会のタイトルは

元気が出る子育ての話 ~子どもの自分探しの応援団長になる~

「自然が友達」という子どもを育てることは、時代の期待に応える保育である。
と考えていらっしゃる汐見先生。
どんなお話が聞けるかワクワク!

「私、よく話がそれるんですわ。」と初めにおっしゃっていた通り、脱線しまくり、おやじギャグ連発。
会場の空気もちょっと涼しくなったり、温まったり…

現代の子育てにおける問題点を分かりやすく洗い出して解説。
そして、私たちお母さんが苦労しているのは、「お母さん自身のせいではないんだよ。」とのお話。
「お母さんはもっと自分を信じましょう。」とも。

先生の幼少時代には、自分も含め周りの子どもたちの誰も幼稚園、保育園には行かなかったそうで、早期の幼児教育が学力を左右するとは思えないともお話されていました。
毎日遊んで、親の仕事を手伝って過ごした。遊具などないから、頭を使わなければ遊べなかった。
仕事を楽にするために、頭を使って工夫した。
頭も体も使うから、いろんなことが自然に身に付く。
そして、家族の役に立つことが喜びで、帰属意識も高かった。

うん。
私が思い描く理想の子育てだ。
やっぱり、私が形にしたいと思ってたこと、間違ってない。
そう、思えました。

ここまでのお話ではまだ本題に入ってないのですが、もう講演会残り時間は20分くらい・・・
「子どもの応援団長になる」についてはだいぶ走り気味に解説。

でも、私は個人的にとっても心が元気になるお話でした。
「ようちえん」立ち上げに向けて、パワーをもらいました。

この講演会で学んだことについては、今後のお散歩会でも参加者さんとお話しできたら、と考えています。
第二回お散歩会に向けて、心の充電ばっちりで臨みたいと思います!


ばばちゃん



[PR]
# by kodomononiwa | 2014-09-29 01:43 | 子育て日記 | Comments(0)

第二回お散歩会 受付締め切りました

10/1開催の第二回お散歩会は受付を締め切りました!

新しくお申し込みいただいた方も、第一回より引き続きお申し込みいただいた方もいらっしゃり、おかげさまで定員いっぱいとなりました。
本当に嬉しい限りです。ありがとうございます!

今日は散歩コースの最終下見へ…
さくらの森、栗がかなり色付いてきましたよ〜♪
公園内にはサワガニが沢山いる池もありました。

第三回も同じくこの場所で行う予定です。
移ろう季節を感じたり、子どもの気持ちや行動の変化に意識を向けるためにも、同じ場所、同じコースの散歩も時には必要かな、と考えています。

そして11月初めには、里芋掘りや、野外での炊事も計画しています。
子どもも大人も、のびのび楽しく。
でも、ときには真剣に思いをシェアしたり。
そんなひと時を参加者の方々と過ごせたら…と思います。

私たちの活動を、共に計画、準備していきたいという方も引き続き募っています。
子どもたちの遊ぶ傍らで、ときにはたわいのない話や、子育ての悩み相談したりしながら、来春の ようちえん 開園に向けて準備をしています。
b0339392_22514913.jpg



[PR]
# by kodomononiwa | 2014-09-24 22:59 | お知らせ | Comments(0)

第一回 初めてのお散歩会。

b0339392_07001440.jpg

さわやかな秋の空の下、
第一回のお散歩会を八百津五宝滝付近の小川で行いました。
13組の親子さんとスタッフ親子、
おかげさまで大にぎわいのお散歩会となりました。

朝の会。
お母さんたちへ、子どものにわで大事にしたいことをお話しました。
「危ない!」「汚ない!」「だめ!」
って言わないで。お口チャックの手は後ろ。
今日は子どもに寄り添って、自然の中でのびのび遊びましょう。

水遊びにはちょっと肌寒いかなと心配してたけど、
さすが子どもたち!心配無用!
水でジャブジャブ遊びます。
b0339392_08085097.jpg

b0339392_08092563.jpg


いつも水に濡れるの嫌がる子も、
歩き出したばかりの1歳の子も、
まわりの子に刺激されて、水遊び!

他にも
真っ赤なヤマボウシの実を拾って食べたり。
彼岸花を集めたり。
砂遊びしたり。
高いところからジャンプしたり。
お友達と手をつないだり。
真似っこしたり。
b0339392_08074607.jpg
b0339392_08080530.jpg




楽しい楽しい子どもたちの顔!顔!顔!
いいね!!

あっという間にお弁当の時間。
みんなで集まって、お弁当を食べます。
いっぱい遊んだあとのお弁当、おいしいっ!
b0339392_08060590.jpg



このお弁当の時間に森の幼稚園に子どもを通わせているお母さんたちから話をしてもらいました。
「自主保育で、自分の子も人の子も、お母さんたちみんなで見守っています。困ったときは助け合う、自分の弱いところも見せ合える仲間です。」
「普段、立派なお母さんできてるわけじゃない。でも、森でみんなといると優しい気持ちになれる。」
などなどステキなお話を聞かせてもらいました。
続いて、今日参加いただいたお母さんたちから感想を話してもらいました。
「親子でのんびり過ごせた。」
「いつもより子どもが積極的だった。」
「子どもの顔がキラキラしてた。」
などなど、これまたステキなお話をみなさんしてくださいました。
普段人前で話すことなんてあまりないお母さんたちが、感じたこと思ったことを話してくださって、とっても感動しました。
すごくすごくいい時間でした。

最後に手遊びと絵本を読んで、お散歩会を閉じました。
b0339392_08101228.jpg



でも子どもたちは延々と遊びつづけました。。
さらに白ヤギさんもきました。
b0339392_08105030.jpg
まよっち
[PR]
# by kodomononiwa | 2014-09-19 06:58 | Comments(0)

お散歩会 最終チェック!

第一回お散歩会に向けて、お散歩コースの最終チェック!

娘と二人で五宝滝公園へ出かけてきました。
入り口付近では、放し飼いの子ヤギが2匹出迎えてくれます。

b0339392_15073219.jpg
お散歩会当日も参加者さんのお出迎えおねがいしますね♪

当日辿るコースを娘と確認。以前より川の水かさが増している気がします。
しっかりと手を握りあって、川のなかをジャブジャブ。向こう岸まで渡ります。
2歳半になる娘。川の流れに逆らって歩くのはちょっと大変かな…と思っていたら、どんどん進んでいきます。
岸に辿り着いて、「着いたー!」と満足そう。
岩に腰掛けて、ちょっと休憩。
b0339392_15183198.jpg
服が濡れても、心地よい風がふけばへいっちゃら!
「お母さん!もっと川に入ろう!」と、一人でジャブジャブ…夢中で足を動かしていました。
娘「カニさんみたいな石だよ。」私「本当だー。」
娘「お母さん、見てー。」私「なになに?」

親子二人でも自然は満喫できます。でも…今日はなんかさみしいな。
きっと一人で遊んでいても自然の中では、感じること、学ぶこと、たくさんあるとおもいます。
でも仲間がいるからこそ、楽しいも、びっくりも、悔しいも、悲しいもあじわえる。

「子どもは子どもを見ている。」

先日聴きに行った講演会で、講師の柴田愛子さんが言っていた言葉。
他の子の真似をして遊んだり、一緒に何かを作り上げたり、じっとしている子を遊びに誘ったり、そんなことが子どもが成長する上で大切な事なんだろうな。

来週行われるお散歩会では、子どもたち同士、お母さん同士、どんな交流が生まれ、どんな思いが共有できるか、とっても楽しみです♪

ばばちゃん


[PR]
# by kodomononiwa | 2014-09-10 15:59 | 開園準備 | Comments(0)