人気ブログランキング |

こんにちは こどもの庭 です!

b0339392_11062114.jpg

森のようちえん『自然育児 こどもの庭』は 園舎のない「ようちえん」

 森や里山が子ども達の庭であり園舎

美濃加茂市、可児市、御嵩町の森林公園や里山を拠点に

自然のなかで親と子が共に育ちあう場所

スタッフと保護者による“共同保育”を行う手づくりの「ようちえん」です。

雨の日も かぜの日も 毎日森のなかで

自由に 大胆に 創造的に とことん遊びこむ

森で過ごす時間は 子どもたちの 生きる根っこ を育てます。




●私たちの目的
 *自然体験を通して、柔かく、たくましい心と身体を育む
 *共に学び、考え、『生きる力』を身につける
 *大人も子どもも、よりよく相互に作用し育ち合う場を作る

●私たちが大切にしたいこと
 *自然の中で子どもも大人ものびのびと過ごす
 *自然を学び、四季を感じ、生命の恵みに感謝すること
 *相手の気持ちに寄り添う心



⚫︎活動内容


①『ようちえん』(3歳〜6歳の就園対象児 年少、年中、年長
  
定員20名ほどの少人数異年齢保育。

保育スタッフ11名と園児の親御さんとが協力し、共同で保育を行います。

ようちえんでは森での自由な遊びに加え、野外炊事、にじみ絵、手仕事、クラフトも適宜取り入れています。

※平成31年度は 年少児8名 年中児7名 年長児2名 合計17名在籍。

※令和2年度新入園児さん(平成28年4月生まれ〜平成29年3月生まれ)の追加募集をしています。体験見学は随時受付いたします。お気軽にお問合せください。


②『親子の会』(0歳~3歳の未就園児とその保護者
 
小さなお子さんとそのお母さんのための活動。

お子さんとゆったりと向き合いながら、仲間と一緒に森や里山の散歩、
野外炊事や四季折々の行事なども楽しみます。

定期的に育児に関する勉強会やワークショップも行います。

会員のお母さんたちみんなで考え、みんなで会を創り上げます。

※平成31年度 新規会員さんの募集を行っています。体験見学は随時受付いたします。


⚫︎活動場所

美濃加茂市内、可児市内、御嵩町内の森や里山

⚫︎活動日時(予定)

①ようちえん 9:30~14:00
 週4日 月、火、水、木曜日(年長の3学期は週5日)

②親子の会 10:30~13:00
 火曜日開催(月4回)


会費等については、体験会、事前説明会でお伝えします。


🌿LINE@やってます🌿

森のようちえんの体験会
森や里山でのイベント情報を配信します!


b0339392_10084169.png

# by kodomononiwa | 2020-12-31 00:00 | こどもの庭について | Comments(0)

こどもの庭を応援してみませんか?

【こどもの庭 サポーターさん募集!】
【賛助会員さま、支援企業さま 募集!】

森のようちえん 自然育児 こどもの庭は、
子育て真っ最中の母親たちの手で運営しています。

定員20名ほどの小さな「ようちえん」です。
現在 園児が17名、親子の散歩会会員が26組 在籍しています。

認可を受けた保育機関ではありませんので、
国や市町村からの金銭的補助は受けていません。
運営資金はすべて、自分たちの手でまかなっています。


ですが…

こどもたちの
より良い育ち、より良い未来を
真剣に考え
ひとりひとりのこどもに
寄り添った保育を目指しています。

自然環境に柔軟に対応しつつ、
スタッフ、園児母が共に手を取り合い
こどもたちの安全に充分な配慮をしています。

保育の質の向上、安全管理に努めるため、
ひとりひとりが日々研鑽しています。

そして、
温かくつながった大人たちの輪の中で
こどもたちがその命を
日々キラキラと輝やかせています。


そんな私たちの活動を応援してくださる方を探しています。

◇広報、PRにご協力いただける店舗さま、企業さま

◇経営に関するアドバイスを奉仕でして下さる方
(伴走者として長期的にコンサルタントして下さる方)

◇森や里山の活用、施設利用のご提案をいただける方
(活動場所をご提供いただける方)

◇母たちのミーティング時に、
0歳から3歳のこどもをボランティアで託児して下さる方

◇賛助会員として、定期的な金銭的補助をして下さる方
・企業会員さま 一口 ¥10,000/年間
・個人会員さま 一口 ¥2,000/年間

上記以外の方法でもご支援いただける方は、
ご提案お待ちしています!

こどもの庭にご興味のある方、応援して下さる方、
いらっしゃいましたら、
ぜひ下記のアドレスまでご連絡ください。
※すぐにお返事できない場合もありますがご了承下さい。

yao2koniwa☆gmail.com (担当、園田)
(☆を@に変えてお送りください。)


代表 園田が
森での子育ての魅力、
森のようちえんの社会的な有用性を
伝えに参ります。

こどもの庭 代表 園田智子

b0339392_06254830.jpg

# by kodomononiwa | 2019-12-29 00:00 | お知らせ | Comments(0)

LINE@始めました!

LINE@始めました!

森のようちえん こどもの庭の

体験会

ワークショップ

講演会

などなど


こどもの庭の会員でない方々にも参加していただける

イベントの情報を発信していきます!


森のようちえんってどんなところか、
ちょこっとだけのぞいてみたいな・・・


毎週森に通うのは大変だけど、ときどき遊びにいきたいな・・・


そんな方に情報をお届けしていきます。

ご登録はこちらから↓↓↓



↑ボタンからできない場合は、こちらのURLで→http://nav.cx/lfFD0V


IDでの検索はこちら→ @675gumtz
※検索の際は@をお忘れなく


2019年 9月から11月までのイベントはコチラ↓
b0339392_09513834.jpeg

b0339392_09473698.jpeg




169.png 毎月第2、第4水曜日は、「ようちえん」体験見学受付中!

169.png毎週火曜日は、「親子の会」体験見学受付中!


こちらからもお問合せいただけます↓↓↓


b0339392_10084169.png



# by kodomononiwa | 2019-12-28 09:27 | お知らせ | Comments(0)

2019年9月のこどもの庭 openday(体験会のお知らせ)

こどもの庭 OPENDAY
〜おやこで森の手仕事屋さん〜

未就園児親子さんを対象に
親子で楽しめる 森のようちえんならではの手仕事のワークショップを
9月から11月まで3回にわたって行います。

秋風心地よい森の中で、ゆったりと秋の一日を過ごしませんか?

◎開催日時
9/27(金), 10/25(金), 11/29(金)
10:30〜13:30ごろまで

◎場所
可児市内の森林公園
(詳細はお申し込み後にお伝えします)

◎参加費
親子1組 ¥2000 一人追加+¥500
(材料費、保険料込み)

◎定員あり

🌿9月の手仕事🌿(9/27)

ぬらし絵
ぬらし絵専用の赤、青、黄色の絵の具と紙を使い、3つの色が混ざって現れる色の変化を楽しみます。
ご家庭ではなかなかできない体験!
ぬらし絵担当スタッフがお手伝いします。

b0339392_10254616.jpeg

◎お申し込み
LINE@ もしくは、メールアドレスに
下記内容をお送り下さい。

・お子さんとお母さんのお名前(ふりがな)
・お子さんの年齢
・連絡先携帯番号


※受付完了後に詳細をお知らせします。

【LINE@】


b0339392_10084169.png

URLでの検索はコチラ→ http://nav.cx/lfFD0V

IDでの検索はこちら→ @675gumtz

※ぜひご登録を!イベント情報を随時配信します!

【体験会受付アドレス】
koniwataiken@gmail.com(担当・西)

# by kodomononiwa | 2019-08-23 10:24 | お知らせ | Comments(0)

こどもの庭の“いま”とお母さんの私

こどもの庭の“いま”とお母さんの私

     

自然育児こどもの庭は、今年で開園5年目を迎えました。

これまでに12名の園児が巣立っていき、今年は初めて卒園児母から保育スタッフが3名誕生し、総勢11のスタッフが在籍。


過去最多のスタッフ数となりました。

立ち上げ当初から在籍していたスタッフも別の森のようちえんで我が子を育てたお母さんたち。


我が子を森で3年間育て、雨の日も風の日も共に子どもたちを見守ってきた同志が、我が子が卒園したのちも「森」で「こどもの庭」という場所で、つながり続けています。

 


令和という新しい時代を迎えてまもなく、私は男の子を出産しました。三回目の出産、母親歴8年目の私。ちょっとベテランのつもりでいました。



でも、甘かった。


新生児の育児は、

母親としてまた一からのスタート。


リズムのつかめない赤ちゃんとの生活、

体調が万全でない故に思うように動けないもどかしさから、

「私、元の生活に戻れるの?3人の育児をしながら、こ庭のことできるの?」と、

どうしようもない不安やあせりが襲ってきて、

産後しばらくは欝々とした日々でした。

 


そしてもう一つの不安の種。


b0339392_08555790.jpeg


甘えん坊第二子の息子。

激しいあかちゃん返りを覚悟していました。


が、蓋をあけてみたら、産後2週間ほどは我儘ばかりの日々でしたが、それ以降は拍子抜けするくらい落ち着いていて・・・



それもそのはず。

ここには息子が生まれてまもなくから、ほぼ毎日のように顔を合わせ、お世話を焼いてくれる大人が何人もいて、そんな第二のおかあちゃんが入れ替わり立ち代わり、息子に寄り添い見守ってくれているのだから。


b0339392_08455431.jpeg


b0339392_08485329.jpeg



「今日は息子くんと赤ちゃんごっこしたよ。」

「かもちゃんがスタッフの日は、いつも膝の上でお弁当食べてるよ。」

「今日は息子くん一日中、ようちゃんにべったりだったわ」等々・・・


出るわ出るわ

甘えん坊息子のごろにゃんエピソード。


母としてはちょっぴり恥ずかしいけれど、ようちえんで、スタッフやおかあちゃんたちが存分に甘えさせてくれている。

そして何より、私が大好きな仲間たちが息子と私を支えてくれている。


そんな安心感から、私の産後の不安定な気持ちは徐々に穏やかになっていき、赤ちゃんとの時間を心から楽しむゆとりがでてきました。


 

私の育児観の拠り所となっている、児童精神科医の佐々木正美先生の講演を拝聴した際、一番心に残っている言葉があるのでご紹介します。


「あなたは宝くじを買いますか?

私は買いません。

なぜなら、大金だけを手にしても人は決して幸せになれないと知っているから

人は、人とのつながりの中でしか幸せを感じることはないのです。

人とのつながりのなかで、自分らしく自分の役割を果たし、貢献することで本当の喜びと幸せを感じるのです。」 



“つながり” 


今の私を、子育て真っ最中の私を、

支えてくれているのは他ならぬこの 

“つながり” です。


血のつながった家族以外にも、

「あなたは一人でないよ。助けるから大丈夫だよ。」

と言葉をかけ気遣ってくれる人たちが身近にいることが、どれほど心強いか・・・

 

 母として 


「我が子を森のようちえんで育てたい!」


そう決意してからここまでの道のりは、決して楽しいことばかりではありませんでした。


でも、この道のりで育ててきた“つながり”があるからこそ、

私はお母さんである“私”を

我が子と過ごすかけがえのない“今”を

味わい慈しむことができています。

 

“みんなで 手と手を つないだら

でっかい ひとつの 輪になろう” 

 

この歌詞に込めた想いが現実になっていること、

そして何より、それに救われ支えられているのが、私自身であることを

なんだかとても誇らしく思えます。


そして、“つながり”が生む幸せな子育ての輪がもっと広がっていくよう、自分にできることを自分らしく果たしていきたいです。


こどもの庭 代表 園田智子(ばばちゃん)


# by kodomononiwa | 2019-07-18 08:21 | 子育て日記 | Comments(0)