梅狩りと梅干し作り

雨で延期になるのでは。。。と心配はどこへやら雨雲は去り青空が!
よっこちゃんはスーパー晴れ女だそうで拝みたくなりました。
梅狩り決行で場所移動となったらこども達は朝の会もソワソワしてなかなか集中できず。お友達と車に乗り合わせで乗ってけるだけでも楽しいもんね。
梅狩りさせて頂くのは八百津町の無農薬の南高梅。
b0339392_23482910.jpeg
梅の木には青梅が沢山。下にも熟した梅がゴロゴロ。ひとつひとつが大きくてとってもいい香りがプーンと。ばばちゃん「美味しそうだけど食べないでね〜」ついついペロッと舐めてる子もいました。
沢山拾ったよと見せてくれる子もいればすぐに飽きて虫を捕まえるのに夢中になる子も
どんどん上がる気温と湿度でこども達の体力とやる気を奪われます。大半が日陰で座りこんでしまいました。特に女子達。
b0339392_23495915.jpeg
近寄ると今日は誰とお昼ご飯を食べるか座談中でした。そんな会話は男子から聞いたことなく小さくても男と女ってこうも違うのねと面白く思いました。
b0339392_23511508.jpeg

大人達も頑張って沢山になりました。
さあ、移動してお弁当をたべて休憩してからもう一仕事。
梅干し作りです。
梅の汚れを布巾でコロコロ優しくとってお臍を楊枝でとる作業。
b0339392_23520693.jpeg

熟した梅は柔らかいから赤ちゃんをなでるように優しくね〜
b0339392_23524832.jpeg
上手だよUちゃん。Eくんも優しくコロコロしてるね。
b0339392_23542593.jpeg

次はお塩の入った袋を一人一袋もらいその中にきれいになった梅を入れます。
塩と梅を袋の中でなじませ
b0339392_23532818.jpeg

後は時間が梅干しにしてくれます。

こども達にとってはじめての梅しごとでした。
いつも食べているあの梅干しを作ってるていうことがピンとこない作業だっただろうと思います。
出来上がっても、あの時の!って思わないかもしれないけど来年再来年とやるなかで少しづつ理解されて行くのかなそれを下の子達に伝承していけたりするのかな。全然覚えてなくても大人になって梅の香りをどこかで嗅いで懐かしく感じてくれるものなのかな。それも嬉しいなと思いました。
息子はその後梅干しのことはあまり気にしてない様子だけど私がほら梅酢がでてきたよ〜って見せるとわぁって言って驚いてました。食べれる時が楽しみです。


いい塩梅のおいしい梅干しになぁれ。




なっちゃん

[PR]
by kodomononiwa | 2016-06-23 23:37 | Comments(0)
<< 6/27(月)体験会は 定員い... もりだくさん! >>