70センチの世界



当番の日、私は毎回70センチの世界にお邪魔しています。
70センチとは、子どもたちの目線の高さ。
70センチから見える景色や物全てが子どもたちにとって興味や関心があり、遊び道具になったりします。
大人にとっては、なんて事ない枝やドングリ、バッタやトンボやトカゲ等の虫たち、森の中自然全てが子どもたちにとっては、楽しくて仕方がないのです。
同じ場所で大人からの目線で見える景色を見た後、しゃがんで子どもたちからの見える景色を見たとき、とても広く見える。
こんなに広くて大きい世界を子どもたちは自然の中で、自然と一緒に遊び回れる。
自分が子どもだった頃、ここまで自然と遊べていただろうか。
いつも大人の目線でいることが多い中、こうして当番の日だけでも70センチの世界に入れる事を楽しんでいます。
b0339392_23014187.jpeg
上の写真、年長Tちゃん、みんなの期待に応えて何回も芝生を転がり側溝に落ちて水浸し。
さすがTちゃん!!
期待に応えまくりでした笑
期待に応えることがなかなか出来ない私は、見習いたいと思ってしまいましたとさ。

古まりちゃん





[PR]
by kodomononiwa | 2018-09-28 23:03 | Comments(0)
<< 9月25日親子の会 こ庭家族 >>