カテゴリ:未分類( 93 )

70センチの世界



当番の日、私は毎回70センチの世界にお邪魔しています。
70センチとは、子どもたちの目線の高さ。
70センチから見える景色や物全てが子どもたちにとって興味や関心があり、遊び道具になったりします。
大人にとっては、なんて事ない枝やドングリ、バッタやトンボやトカゲ等の虫たち、森の中自然全てが子どもたちにとっては、楽しくて仕方がないのです。
同じ場所で大人からの目線で見える景色を見た後、しゃがんで子どもたちからの見える景色を見たとき、とても広く見える。
こんなに広くて大きい世界を子どもたちは自然の中で、自然と一緒に遊び回れる。
自分が子どもだった頃、ここまで自然と遊べていただろうか。
いつも大人の目線でいることが多い中、こうして当番の日だけでも70センチの世界に入れる事を楽しんでいます。
b0339392_23014187.jpeg
上の写真、年長Tちゃん、みんなの期待に応えて何回も芝生を転がり側溝に落ちて水浸し。
さすがTちゃん!!
期待に応えまくりでした笑
期待に応えることがなかなか出来ない私は、見習いたいと思ってしまいましたとさ。

古まりちゃん





[PR]
by kodomononiwa | 2018-09-28 23:03 | Comments(0)

ようちえん日記 ◇母たちの繋がり◇

いきなりですが、こどもの庭には、母が保育当番として入る以外に
『ベビー当番』というものがあります。
それは、年少以下の子どもを持つ母が当番に入る際
その子どもを他のお母さんが別の場所で見ていてくれるというものです。
子どもによっては、もちろん一緒に保育当番の母が
森へ連れて一緒に散歩することもできます。

私は、下の子の性格や体力など、月齢などを考慮したうえで
連れて行かないほうがお互いにとって今は良いと思うので
保育当番に入るときは、他の、下の子を持つお母さんにベビー当番で娘を見てもらっています。

『お互いさま』で、逆に自分がほかの未満児のお子さんを
お預かりすることもあります。
今日まさにそれがありました。
[親子の会]のワークショップも本日公民館にて開催されていて
そこでもようちえん母が、『親子の会員のみなさんが滞りなくワークショップ開催ができるように』を目的として、みなさんのお子さんを見守るお手伝いをするというのがあったので、私もベビー当番としてそこに便乗参加させてもらいました。

朝。
当番であるお母さんとバイバイするのは、まだまだ若干2歳のknちゃんにはとても寂しいことでした。
森からワークショップ会場に行くまでも泣けちゃって、会場についてもママを探して泣きました。
少し落ち着いたと思ったら、また思い出して泣けちゃって。

ワークショップ会場には、見守り役のようちえん母が、私含め4名。
しかもその4人、全員が0~2歳児連れです。
ママが恋しくて泣き続けるknちゃんは、常に誰かが抱っこしている状態です。
誰かがknちゃんを連れ出してお散歩にいったり抱っこしているとき、そのお母さんの子どもはまた別のお母さんが気にして見る。
かつ、ワークショップ中、なにか困ったことはないか 危ないことはないかも目を光らせます。

と書きつつ、私は娘がかなりの抱っこちゃんのためknちゃんのお世話はほか3人にほぼ任せていました(みんなありがとう〜)。

その間、knちゃんの相手をしてるお母さんの子やほかの子を気にかけたりする中で。
ふと思ったんです。
そこには凄い信頼関係が成り立っているなぁって。
ひと世代まえ以前は、祖父母が同居してるのが一般的で、
母や父以外に赤ん坊の世話をする人が家には常にいたと思います。
更に、今よりずっと近所の繋がりも濃く、両親だけでなく
祖父母や近所の人に支えれながら育ったであろう。

今となっては、我が家もですが、大体が核家族。
たまに親にお願いしたりとか、時にはお金を払って託児所に頼むことが主流ですが、友達どおし子どもを『預かり合える信頼関係』って、こ庭ならではなのかも。って。

私はもともと心配性で、責任感も無駄に強かったので、信頼していないわけじゃないけれど わが子を家族以外の誰かに預けるなんて、長男(現在年中)の時は考えられなかったんです。

かつては『ママ友』なんて要らないって思ってたし、集団に溶け込むっていうことがすごく苦手だった私が、
こ庭に入って、なんかいつの間にか溶け込めてて、自分をありのまま受け止めてくれる人たちがいて、そのままを出せる自分がいて、
こ庭のお母さんがみんな大好きで、その人たちを心から信頼していて。

そういえば、ベビー当番以外でも、お母さん達の繋がりはすごいなぁと感じることがたくさんあります。

体質上、車を運転することができないお母さんがいます。
他のお母さんが協力しあってそのお子さんを毎日送迎してます。

妊婦のお母さんが、安静宣告を受けました。
また、別のお母さんが体調不良となり、数ヶ月 日常生活を送ることが難しくなりました。
他のお母さんが送迎するのに加えて、お弁当のおかずを1品ずつ作ってその子のお弁当をどうにかしたり、ようちえんがお休みの日にその子やその下の子を遊びに連れてってくれたり。

それは、義務感で動いてることではなくて、『当たり前』のこととしてやってるんです。
私は、あまり協力できてないけど『どうしたらその人を助けることができるだろう』とは考えます。
みんなが、それが当たり前になっているんです。

できる人が、できることを、できる範囲で。
できない時はできない。
だから、私はすごく居心地がよくって。

年齢さまざまの仲間ですが、みなさん多才で、いろんな個性があって、知恵やアイデアを出し合って助け合いながら日々活動しています。
私はこれと言って得意なことがありませんが、正直、この人たちとなら無人島へ取り残されても生き残れる自信があります(笑)

話がアレコレ飛んでしまいますが、私は昨年度の冬、こ庭を転園しようかと考えた時期がありました。
下の子が小さいなかで、日常の家事育児に加え日々の送迎などでいっぱいいっぱいになってしまい、さらに当番や係の担当、イベントごとの用意までに手が回らなくなってしまい、『地元の幼稚園に通わせたらどれだけ楽だろう』と思い、もう辞めてしまおうと思ってそのとき何人か相談させてもらいました。

もう辞める気でいましたが、とある母の一言でハッとしました。
『こ庭って ほんとに母が成長できる場所だよね』
何気なく言われた一言でしたが、その時の私には非常にしっくりきて
(逃げてもまた同じことが起こるはず。ここで辞めたら私はなにも成長できない) って思って、やっぱりこ庭を続ける決意をしました。

そのとき立ち止まって、色々考えて、どうしたら自分の中で納得のいく答えが見つかるかと模索しましたが、私にとってあれはすごく意味のあることでした。

その日から、なんか妙に楽になって、吹っ切れて、今まで大変だと思っていたことが全部楽しくなってしまって。
いつも、私はこ庭母や園児やスタッフさんに支えられています。
本当にこ庭に入って良かったと思っています。

最後に、
私が思うこ庭の良さってやはり自主保育。ゆえに、
母たちの意見が密に反映されていきます。
だからこそ、役割担当の仕事もあるし、ミーティングがあったり、整備活動があったり、やることはたくさんあります。
このようにたまにブログを書くこともありますが、今書き始めて1時間程たちました。
でもその時間はまったく苦じゃないです。
自分たちで、子どもたちや母たちがより充実した気持ちで、意義ある日々を過ごすことが出来るか考えながらこ庭をつくっていけると思うと何もかもわくわくしちゃいます。頑張れちゃうんです。

保育当番に入るので、週に一度は子どもたちと森にいることになります。
夏は暑いし、冬は寒いです。
でも、温かいスープに みんなでホッ。と温まれるあの瞬間は至福。
わが子の森での成長や他の子の成長が面白いです。
子どもとの関わり方、すべてにおいて興味深く勉強になります。
家での我が子との接し方も、ほかの子やほかの大人が接してるのを見てると、ハッとさせられることがあったりとか。

気づいたら、アケビのツルを近所の山で探すようになりました。
母たちが手作りカゴの編み方を教えてくれたので、自分で編めるようになりました。
羊の毛を刈って、草木染めすることも覚えました。
屋外でも火をつけて料理ができるようにもなりました。

私の生活のなかで こ庭に占める時間は、近所の幼稚園に通うそれと比べたらきっとはるかに多いんだろうけど、
その分感じることもたくさんで、得たものもたくさん。

もうすぐ、入園説明会。
こ庭の良さって、森の中で自然とともに過ごせるってことはもちろんですが、母たちのあたたかさや繋がりでもあると思います。
来年はどんな仲間が入ってくれるのでしょうか(^-^)

新たな仲間(そして親友でもあり家族のような) が増えること、楽しみで仕方ないです。

b0339392_00163574.jpg

長くなりました。

エリック

[PR]
by kodomononiwa | 2018-06-12 22:12 | Comments(0)

ようちえん日記 初お当番‼︎

ようちえんに入り、2ヶ月目。
年少母は最初お当番に入らないので、息子kの様子を、スタッフさんや当番おひさまさんから写真や話は沢山きいていました。  
ようちえんでの様子を教えて頂けるのはとっても嬉しく、安心できました。

でも実際どんな風にようちえんで過ごしているのか、、、気になる気になる。

お誕生日会もあり、そしてお天気は雨模様、、、雨の日の過ごし方も気になってたので、楽しみなのと、初めてで、少し緊張、、、でした。


ようちえんにつくと、息子kはとても楽しそう。でも少し緊張してるかな、、、? 母と一緒だね。

朝の会が始まり、甘えてるのかな?ひざの上に座ってきます。 絵本を読み、最初はお散歩!

雨ですが、みんな行く気満々‼︎母は、コースをきいてもわからず、少し不安。。
b0339392_00534771.jpeg
みんな元気いっぱい!息子のカゴにお花やクローバー、蛇苺などを入れて、早くもカゴいっぱいにしてくれました。前から後ろから、kくーん!と入れてくれて、カゴは僕が持つから!と、息子も嬉しそうです。
b0339392_00485591.jpeg
途中から竹の長さで競う男の子達。

ずっと手を離さなかった息子ですが、ふとスタッフ、母、息子の3人になった時、スッと手を離し、スタッフさんと歩き出しました。

危険な植物をクイズをしながら教えてくれます。ありがたい。母も一緒にお勉強。 危険な物を排除するのではなく、どーやって共存していくのか、を学べるって素敵だなと思います。

お散歩していると、雨のおかげでか、途中から草が伸びて茂ってるところへ。 ここから進むのー?戻るのかなー?と思っていたら、スタッフさんがついてきてー!と先頭に。
b0339392_00370038.jpeg
年長k君が「あーー!!」と、茂みを通る事を蛇さんにお知らせしながら、歩く。 
生き物や植物をとっても大切にしてるk君。 息子kも真似して、「あーー!!!」
年長年中さんから、自然と森での過ごし方を教えてもらってるんだなぁと実感。

でもそのあたりから、母が他の子供と手を繋ごうとしたり、他の子を呼ぶだけで、呼ばないで!! と息子の様子が不安定に。。。

その後もグズグズ泣き出す。
少し受け止めきれなかったことを反省(・・;)

帰ってきて、早めの弁当タイム!
いつもなら、母の弁当も手を出すのに、自分の分だけ食べて、片付けも、最初はやって!と言われたけど、普段はやれてるときいてたので、手伝わず、、、なかなか結べなかったけど、それでもやって!はなく、段々結ぶ事に集中していく。。おひさまさんと、年長R君に見守られながら、最後まで1人でしまえました。
b0339392_00421483.jpeg
時間がかかっても急かされず、穏やかな空気が流れていると、自然と母の心にも余裕ができるのですね、最後まで見守る事ができました。

その後は、雨の中レストランごっこで、年長さんにまじり遊んだり、折り紙したり。

その時も、年長のkちゃんが、すぐに息子の折り紙を折ってくれ、息子も、「kちゃんこれあってる〜?」と頼っていて、縦割り保育の良さを感じました。

きっと優しくされた記憶が積み重なり、他の子にも優しくしたり、来年年少さんに同じ様にやってあげられるかな?と、今から来年の想像までしてしまいました。

そして、初めて保育に入った私の膝にも年長のkちゃんが乗ってくれて、安心してくれてるんだなぁと嬉しくなりました。

そしていよいよお誕生日会。まずは飾り付け。
b0339392_00380568.jpeg
1人でやる、と言いながら、少しお手伝いして完成!

b0339392_00382869.jpeg
ドクダミの白や蛇苺の赤で彩りも可愛い♡

みんなからの質問には、普段お喋りなのに沈黙、、、それでもみんな優しく待ってくれます😊
b0339392_00393339.jpeg
ロウソク吹き消すのも、めっちゃ控えめ。

その後のおやつ配りは張り切ってましたよ、、、笑

b0339392_02292683.jpeg

可愛い花束♡

はじめてのお当番にお誕生日会、雨 と、初めて尽くしでとっても充実した1日でした。

終わって車にのった瞬間、寝ていたk。 頑張ってたんだねー! お疲れ様😌 そして4歳おめでとう(*^_^*)  



なみちゃん








[PR]
by kodomononiwa | 2018-05-25 23:58 | Comments(0)

ようちえん日記 泥んこ遊び

今日は待ちに待った
毎年恒例の泥んこ遊びです

前日からソワソワしながら待ち構えてたこども達
いざ、出陣です!
b0339392_22193077.jpg

b0339392_22262249.jpg

みんなそれぞれのペースで泥に入っていきます
b0339392_22331880.jpg

毎年全力で楽しむ年長MtちゃんとKkくん
待ってましたーーとばかりに走りだしでスタート
b0339392_22474047.jpg

一方 幼稚園での初の泥んこに年少つくしさん
完全装備だけど固まる…
b0339392_22422286.jpg

そんなつくしさんでしたが
年長つばめさんに手を繋いでもらい
泥の世界へ
b0339392_22451627.jpg

はじめは遠目でみていた年中めだかYsくん
b0339392_23095075.jpg

一歩進むたびにニコニコしてたね
b0339392_23133497.jpg

去年は入りたくないと見ているだけだった年長Kyちゃん
昨日の保育中も入らなーいと言ってたけど
前の晩にKyちゃん母が少し促してみたら、急にスイッチが入り水着の準備をはじめたとの事でした

Kyちゃん「何これ~気持ちいいんですけど~~」
昨日の表情から一変この笑顔に私も嬉しくなりました
b0339392_23184329.jpg

ばばちゃん vs Kkくん
b0339392_22541943.jpg

ばばちゃんに当てたくてしょうがない年中KmくんとHsくん
b0339392_23423723.jpg

生き物探しの年長男子
b0339392_23391174.jpg

馬乗りになられるスタッフかずちゃん
b0339392_23053746.jpg
かずちゃん「顔は止めて~~」の声は届かず…
b0339392_23075824.jpg

こちらはEeくんの靴を捜索中
半ば諦めてた私でしたが…
うむ?何これ? 「とったどーーー」と興奮しながら発見しました
b0339392_23293199.jpg

b0339392_07052190.jpg

b0339392_23280289.jpg

b0339392_22464424.jpg

お天気は良かったですが、風が少し吹いており例年より早く切り上げていくこども達
でも楽しみは泥だけではありません
b0339392_07142116.jpg

たどり着いた先は
「温泉気持ちいい~~」
b0339392_07234284.jpg

b0339392_07251900.jpg

助っ人母達がなんとドラム缶で湯を沸かしてくれました
b0339392_07281156.jpg

最後に青空温泉で温まりました
b0339392_07243926.jpg

大人になってから初の泥んこ遊び!
普段泥に落ちたらあちゃーって思っちゃいますが
遊び場になった途端
あの泥の感触が気持ちいい!汚れてもよし!という開放感~~
こども達と楽しく泥合戦した後の青空温泉も気持ち良かったです

この夜はぐーすり眠ったわくちゃんでした。






[PR]
by kodomononiwa | 2018-05-18 22:14 | Comments(0)

ようちえん 久しぶりの当番

2ヶ月ぶりの当番でした^_^ みんなから話はきいていたけれど早く当番入りたくてウズウズしておりました!

入ってみたら、まぁつくしさん(年少)のかわいいこと♡  

お母さんと離れがたかったり、友達のお母さんが当番だと寂しくなっちゃったり。年長さんが下の子に威張ってみたり。 我が家は年長年少姉妹で通ってますが、2年前では感じられなかった子供達の葛藤みたいなのがよく見えて(私にも余裕ができてきたのかも)、うんうん、気持ちわかるよぉーと。

スタッフやっちゃんが、「縦割り保育の意味」が出てきたと言ってくれました。なるほど、これが縦割り保育か! 年長さんが年中さんの木登りを助けたり、
b0339392_20252920.jpg

遊びも年齢性別ごちゃ混ぜで、遊びの内容もくるくる変わっていって。  いーれーてー、いいーよー、
見ていてとっても面白い。
b0339392_20255303.jpg
b0339392_20261590.jpg

木登りの子もケーキ屋さんのための実を取ってあげていたり。四つ足歩行のワンコ達もケーキを食べにきたり。
違う遊びのようでみんな仲間だなって感じます。
b0339392_20263035.jpg
b0339392_20264606.jpg

b0339392_20274016.jpg

三学年揃って2年目に突入したこどもの庭は、ますますパワーアップしてます。年長さんが自然と下の子たちに優しく声かけしていたりお手伝いしたりしてる姿を見ると、今までスタッフさんやお母さんや上の子たちからされて嬉しかったことが根付いてるんだなと思います。

もちろんそうじゃない時もあって、そうゆう子供らしいとこも含めて、みんなの成長が間近でみれるこどもの庭っていいなと思ったのでした。

あや



[PR]
by kodomononiwa | 2018-05-17 15:38 | Comments(0)

ようちえん日記 始まりました!


始まりました新年度!

今年こにわは、卒園生を送り出し、新入生を迎える初めての年になりましたよ。

さて、今年度新入生のつくしさんは5人!
ようこそ、森のようちえん こどもの庭へ!
とっても楽しみにしていましたよ!

真新しいリュックを背負って、少し不安げな感じがなんとも初々しい。

最初の1週間、つくしさんは午前保育。
つくしさん5人は、全員こにわ親子の会のこどもたち。
ほとんどの子達が幼い頃からこにわの顔見知り。
でも、でも、今日からは「ようちえん」なのです。
母は側にはいないのです。
分かってます、家を出るとき言い聞かされてきましたから。
今日からは「ようちえん」なのだと!
まだまだ、楽しんでる余裕なんてありません。
とにかく、母に会うためだけに、もくもくと歩きます。

b0339392_07533847.jpg
年長の世話焼きAがつくしのN君に寄り添います。
b0339392_07542807.jpg
b0339392_09052647.jpg
スタッフのよっこちゃんも、いつもつくしさんに寄り添い、声をかけてくれています。

b0339392_07551967.jpg
さて、あっという間にお昼になりました!
つくしさんの午前保育、終了です!
やっと、母に会えます!
がぜん、元気が出てきます!
母の存在ってすごいよね。
b0339392_08304878.jpg

そんなこんなで、1週間が経ち、2週目からはつくしさんも通常保育です!
週明け、元気な顔が見れました。
どうですか?ちょっと、慣れましたか?
b0339392_08334824.jpg
こどもの順応性ってすごいのね。
ようちえんにあがるまでは四六時中、母子一緒だったのに
こうやって自分の時間を楽しめるようになるのよねぇ。

KohちゃんとKahちゃんはいつも一緒。
一緒にいると心強いもんね!
b0339392_09162824.jpg
そして、こんな笑顔も!いいぞ~!
b0339392_09202698.jpg
b0339392_09222447.jpg
「今日はお弁当、一人で食べるの?」
「大丈夫!み~んなと一緒に食べるよ~!」
分かってるのよ、母がいないと一人で食べられるのか不安だもんね。
b0339392_09254794.jpg
2年前、我が娘Aがようちえんに入った時のことを思い出します。
自分より大きなリュックを背負い、森を歩く姿を当番母からの写真で見た時
「たくましさ」や「うれしさ」と共に「淋しさ」のようなものを感じたものでした。
ようちえんが終わり、一目散に私の元へと走ってくる娘の姿や表情は
今でも鮮明に覚えています。
「あー、この娘の母でいれてよかった…」と。

悲しいことに、それも束の間…
そんなこんなのグズグズも今となっては、懐かしい日々…

つくしさん、そしてお母さん(ご家族の皆様)、本当にこにわに来てくれてありがとう!
この1年、いろいろありましょうけど、
そんなこんなも含めて、どうぞめいっぱい楽しんで下さいね。
そして、一緒にこどもたちに寄り添い、見守っていきましょうね!


もうおばあちゃんの気持ちにすらなる     ようちゃん








[PR]
by kodomononiwa | 2018-05-04 07:52 | Comments(0)

母徒然日記 もう一つの家族

「たのしいことしかなかった!!」
「な~んにもかなしいことがなかったよー!」

これは今年年長になったうちの娘Tが、3月末にようちえんのみんなと中津川の一泊旅行に行き、帰ってきた時のコメント。

本当は私とTの妹&弟と4人で参加予定だった今回の旅行。
私が出産直後だった(予定日を過ぎての出産になってしまった)為、行くのは諦めるつもりだったのに…

Tは「1人でも行ける!行きたい!」とキッパリ!
ようちえん母たちも「Tちゃんだけでもおいでよ~!」とゆってくれて、お願いすることになりました。

でもTさん。実はおばあちゃんち以外、父母なしでのお泊まりは初めて!
普段は気の知れた友だちのウチでさえハードルが高く、なかなかお泊まりできない彼女。
母は内心「大丈夫かな~。夜中泣き出したりしないかな~。」とちょっぴり心配していたけれど…

日ごろ私以外のお母さんたちとも充分すぎる関わりがあるコニワ。
私が妊娠中で当番に入れない間も、娘は着々とコニワ母たちに見守られながら、心も体も成長してくれていて…

こどもの庭に入園して1年半。

もう一つの家族がここにありました!

b0339392_12382609.jpg

旅行中の様子を写真で送ってくれるコニワ母たち。
そこにはなーんの心配もいらないくらい楽しそうなTの姿が!!

第二の母がたくさんいて、そばで見守ってくれている安心感。
そして、笑い合い、けんかし合うきょうだいがいっぱいいて、本当に幸せな娘なのです!

ありがとう!コニワファミリー!!
これからもよろしくね(^-^*)

★こどもの庭はとてもアットホームで温かいようちえんです。スタッフや母親&父親。みんなが一つになってつくる園。父母も子も、地域や世代(!?)をこえて“なかま”ができますよ~


まりちゃん


[PR]
by kodomononiwa | 2018-04-25 08:13 | Comments(0)

ようちえん日記 贈る言葉

すっきりと晴れわたった青空が
こにわっ子の旅立ちを 祝福してくれています
さぁ いよいよはじまります!


Rちゃん、Yくん、Kちゃん、
本日はようちえん卒園おめでとうございます。
こどもの庭、記念すべき第一回目の卒園生だね。
今日この日を、ここにいるみんなと一緒に迎えられたことを 
とてもうれしく思います。

入園したときの三人の顔、よく覚えているよ 
今日はちょっと緊張してるかな?
はずかしいかな?
三人の顔はピカピカとてもまぶしくみえるよ。

この一年は、年長つばめ組として、
よきおにいさん、おねえさんとなり、
みんなをひっぱったり、盛り上げてくれたり、
小さい子ができないことを教えてくれたりと、
とてもたのもしく活躍してくれましたね。
どうもありがとう。

ようちえんでは、どんなあそびが楽しかったかな?
どの森が好きかな?
Kちゃんは、イタドリ、アケビ、冬いちご・・・
旬の食べ物に目がなかったね。
木の実をさがす真剣な目は、まさにハンターでした。

Yくんは、木のてっぽうを見つけるのがとてもうまくて、
かっこいい機関銃をたくさん集めたね。
おうちにコレクションしてるかな?

Rちゃんは、なんでもたくさん集めるのが大好きで、
集めたドングリを半分に切って並べて作ったパソコンは、
すごく上手にできていて、本当にびっくりしました。

いつも一緒にいるのが あたりまえだったから、
きっと三人のいないこにわは、さみしくなると思います。
みんな 三人にあいたくなると思います。

そして、Rちゃん、Yくん、Kちゃんも、
森で一緒にあそんだ こにわっ子たちのことを思い出したら、
いつでもあそびにきてください。
いつもの森で、待ってます。

四月からは小学生
おともだちをたくさん作って、
そして元気に楽しく学校へ行ってください。

一緒にこにわに通ってくれて、どうもありがとう!
元気でステキな笑顔をありがとう!!
三人に たくさんのありがとうと、大好きをおくります。


そして、三人の素敵なおかあさん
みえちゃん、かっちゃん、ばばちゃんへ・・・

「たいせつな友へ」
泣いた  笑った  悩んだ  ぐちった
あなたはわたしのクラスメイトであり
妹であり 姉であり 母のようでもあり
心強いかぞくです

お互いの こどもたちの成長を 
共によろこび 共に考え そして、共に見守った

その時間はかけがえのないもので
人生の宝となり 希望となりました
共に森ですごせて 
いっしょに子育てができて しあわせでした♥

どうもありがとう!
今日は本当におめでとう!!

b0339392_14405172.jpg


またあおうね。話そうね。
                    ともちゃん




[PR]
by kodomononiwa | 2018-03-16 20:47 | Comments(0)

卒園登山

雲ひとつない青空の下,今年卒園の3人とスタッフ2人で出発。
b0339392_06434740.jpg

母たちと よっこちゃんが見送ってくれていますが,3人はもう自分たちの世界を楽しみ始めていて,ほとんど振り返らず。
b0339392_06431458.jpg

登山口まで20分ほど歩きます。

 

歩きながら おうちごっこ。

Rちゃん お母さん,Yくん 小6のお兄ちゃん,Kちゃん 大学4年のお姉ちゃん,わたしは“わがままな”年長の妹(先週金曜の年長保育でも これだったので「また?」と言われましたが,頑固に希望),みんみちゃんが お父さん。

 

これから登る登山口の向かいにある別の登山口が,崖みたいになっているので,まずそこでリュックを置いて遊ぶ。でも今日は長いコースだし,ゴールでみんなが待ってくれるからと伝え,早めに切り上げてもらい,いざ登山!
b0339392_08351130.jpg
 

1月・2月に1回ずつ別のコースを歩き「登山は大変。嫌だな~。」と言っている3人ですが,今日のコースの前半は2月に登っているので,けっこうすいすい進みます。前回はいつまで続くか分からない上り坂にうんざりしている感じだったけど,今回は1回登っているし,おうちごっこの設定で ずっとしゃべりながら どんどん登ります。
b0339392_08361375.jpg

妹のわがままを制止したり なだめたり,家族旅行の途中 葉っぱのお金でアイスを買ってくれたり,焚き火でマシュマロを焼いたり。

前回みんなで「ヤッホー」と叫んで、「わぁ響いた!」とか「返事した!」と楽しんでいた場所では「あ!ここで『ヤッホー』したね!」と また声を合わせて叫んだり。

 

途中 分岐点で水分補給をしていると,「ワーッ」と熊のように現れたおじさん。ビックリした3人ですが,楽しくなってしまい「もう1回やって!」「アンコール!」と何度も何度も熊になってもらい,キャッキャッキャッ。

「またあとで会おうね!」と先に進むおじさんたちを追いかけるように出発するも,また 葉っぱや石を集めたり,おうちごっこが楽しくなって,ゆっくりゆっくり。

2月のときより長い時間をかけて,ようやく休憩舎に到着。そこでまた熊のおじさんに会えて大喜び。

休憩舎は何組もの登山者で埋まっていましたが,ちょうど おじさんたちが出発するところだったので,そのベンチを使わせてもらって お昼ごはんです。
b0339392_08371115.jpg

食べている間も 近くで食べている方々に声をかけたりして ワイワイ楽しい休憩舎。

RちゃんとYくんは誰にでも話しかけて仲良くなっちゃうので,人見知りのKちゃんも この2人といるときは積極的な女の子になっています。

お弁当の間 話していたおじさん,毎日この山に登っているとのこと。すっかり懐いてしまった3人に「途中まで一緒に行こう。」と言ってくださり,嬉しい3人はぴょこぴょこついて行きます。
b0339392_13310333.jpg

途中見える山の名前,登山道にある標識の意味なども丁寧に教えてくださり(分かりづらい分岐などにある木の手作り標識は,なんとおじさんが作っているとのこと!),わたしたちスタッフも ありがたいばかり。

疲れてきて足が止まってしまう子どもたちに「止まっちゃうと進まないけど,どんなに少しずつでも ゆっくりでも 歩いていれば前に進めるんだよ。」と優しいお言葉。これが最後まで子どもたちに効いていました。
b0339392_08373118.jpg

西山から登り,隣の鳩吹山の山頂を目指すこのコース。最初の上りも大変だけど,山から山へ移るにも 急な下りや上りが続きます。ご自分のペースより かなりゆっくりなのに ずっとつきあってくださったおじさんとも途中でお別れ(ゴールが違うため)。お名前も伺わないままに別れてしまいましたが,この山に来れば いつでも会えるとのこと。きっと再会できますね。お孫さんがまだ小さいそうなので,いつか こどもの庭に来てくださるかも!?

 

さぁ止まらず頑張るか!と登っていると,

なんと!

熊のおじさんが前から下りてきました。

「やぁ!また会えたね。頑張ってるね。」と言われ,それだけでも元気になれたのに,おやつまで頂いちゃいました。山頂で食べよう!と頑張る3人。おうちごっこは すっかり忘れていますが,おしゃべりは絶えません。

すれ違う人には「こんにちは!」だけで足りず

「ハロー!ボンジュール!アニョハセヨ~!」。

 

そんなこんなで午後も1時間半近く歩き,山頂に到着!!

「家も車も小さいね~。」と 座って眺めてから,記念撮影,

b0339392_13300704.jpg

b0339392_08393496.jpg

そして おやつ!
b0339392_08390910.jpg

ゆっくりしていたいところだけれど,下でお母さんや仲間が待っているので進まなきゃ。あとは ほとんど下りだから大丈夫!とリュックを背負う3人。いざ出発!

とはいえ,足はだいぶ疲れているし,ときどき出てくる上り坂に 足取りが重くなります。

ただ,山頂からゴールも 1月に3人一緒に歩いた道なので,そのときのことを思い出したりしながら 少しずつ前へ。

 

だんだん下の世界が近づいてくると,何だか声が聞こえる!!

「ヤッホー!」と叫ぶと 「ヤッホー!」と返ってくる。
b0339392_13284590.jpg
嬉しくなって何度も叫び,ずんずん下りる。

聞こえるのになかなか見えない。

あっ!見えた!!え!?みんないる!あんなにいっぱい来てくれてるの??キンチョーしちゃう!
b0339392_06471717.jpg

みんなが花道を作ってくれていると分かったら,とうとう足が止まっちゃった!

前行ってよ!えー,恥ずかしいよ~!
b0339392_06473745.jpg

急に恥ずかしがり屋のもじもじさんになっちゃった!

みんなはニコニコ ずーっと待ってくれてるよ。

とうとう わたし,

「じゃあ わたしが先頭行っちゃっていい?」

「うん,いいよ!」

ダーッ!
b0339392_06484240.jpg

「ただいまー!」「おかえりー!」
b0339392_06492278.jpg
b0339392_06493824.jpg

たくさんの笑顔と お帰りの声に迎えられて,無事下山!!

みんなー!本当にありがとう!

3人,すっごく頑張ったよ。3人一緒だから頑張れたよ。

 

途中で会う人たちと元気に挨拶を交わし,おしゃべりも楽しむ。

「そっか,もうすぐ1年生なのね。」「大きなリュックで頑張るね。」「すごいね!」

たくさんの励ましの言葉をいただき,また歩く。

登山なんて つらいだけなのに~。嫌なのに~。登りたくないのに~。

この2年,いっぱい遊んで いっぱいケンカもして,

この3学期は 3人だけの時間を存分に楽しんで,

それだけで充分なのに。

登山なんてしなくていいのに。

うん。

でも,わたしは,このメンバーと登れてよかったな-。

『大変なことも 仲間とだから乗り越えられた!』

とか,言いたいのは大人だけかもしれないけれど。

3人にとっては,大変とかより 楽しい楽しい1日だったかな?

と思えるくらい,ずっと笑顔だったね。

それで充分!

 

何もかもが いつも“初めて”で,お手本もないし,イメージできない。子どもだけじゃなくて,お母さんたちも いつも戸惑いながら進んできた こどもの庭 初の卒園児。

本当によく頑張りました。

あなたたちの姿を見て,憧れて,

メダカ組やつくし組の子どもたちは,楽しみに 前へ進んでいけています。

Rちゃん,Yくん,Kちゃん,おつかれさま。

そして いよいよ卒園。

おめでとう!
b0339392_06503962.jpg



スタッフ ちこちゃん

[PR]
by kodomononiwa | 2018-03-15 06:36 | Comments(0)

ようちえん日記 5歳のおたんじょうび

dくん、お誕生日おめでとう。

こどもの庭で迎える、2度目のお誕生日会。

久しぶりに一緒に歩くこの道。

入園した頃は、私の隣が指定席。
私が他の子と手を繋ぐと泣いて怒てたなー。

b0339392_12182736.jpeg

それが今ではスタスタと私の前を歩いて行く。
そんな姿が頼もしくて、嬉しいような、寂しいような…。

b0339392_12334184.jpeg

去年はパパッと作った切り株ケーキ。
今年はみんなからもらった葉っぱや木の実をよーく吟味して飾りつけ。

b0339392_12371008.jpeg

みんなからの質問タイム。
去年は
「好きな車は⁇」「軽トラ‼︎」って即答(笑)
今年は…どの質問も恥ずかしくてモジモジ。
でも、みんな何も言わずに、じーっと待っててくれて。そんなみんなの視線があったかくて、嬉しかったな。

b0339392_12522957.jpeg

ろうそくの火も自分で灯し、
去年はなかなか消せなかったろうそくの火も
今年はひと吹き。

いろんな場面で成長を感じました。

dくん、お誕生日おめでとう。

これからもそのままのdくんで…。


よっちゃん














[PR]
by kodomononiwa | 2018-03-06 12:02 | Comments(0)