<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9月25日親子の会


b0339392_10474675.jpg
雨がぱらぱらと降る中でおさんぽスタートの一日


b0339392_10324369.jpg
雨の日の土のにおいやアスファルトのかおり
個人的にはとても好きなかおり
小さいころを思い出します
b0339392_10295472.jpg
一面桜の木の葉があしもとに落ちていたので1枚ひろってみる
桜餅のかおりがした
我が子にもかいでごらんと鼻に近づけてみたらすううーーーんと
一生懸命けなげにかいでいた




前を歩いていたおかあさん
そのユーモラスに関心して思わず声をかけました
あえて、こちらを表にしたよふふふと笑う
彼女に雨の日の憂うつ感を少し吹き飛ばしてもらえたのでした
ありがとう
b0339392_10294683.jpg


この日はどの子も元気よくお散歩できて
たくさんのどんぐりや栗の実を見つけては
あーーーーー!とうれしそうに拾ってはを繰り返す。
b0339392_10510530.jpg

b0339392_10302064.jpg
雨の日の森で過ごす時間もいいものですね


ちかちゃん



[PR]
by kodomononiwa | 2018-09-30 10:56 | 親子の会 | Comments(0)

70センチの世界



当番の日、私は毎回70センチの世界にお邪魔しています。
70センチとは、子どもたちの目線の高さ。
70センチから見える景色や物全てが子どもたちにとって興味や関心があり、遊び道具になったりします。
大人にとっては、なんて事ない枝やドングリ、バッタやトンボやトカゲ等の虫たち、森の中自然全てが子どもたちにとっては、楽しくて仕方がないのです。
同じ場所で大人からの目線で見える景色を見た後、しゃがんで子どもたちからの見える景色を見たとき、とても広く見える。
こんなに広くて大きい世界を子どもたちは自然の中で、自然と一緒に遊び回れる。
自分が子どもだった頃、ここまで自然と遊べていただろうか。
いつも大人の目線でいることが多い中、こうして当番の日だけでも70センチの世界に入れる事を楽しんでいます。
b0339392_23014187.jpeg
上の写真、年長Tちゃん、みんなの期待に応えて何回も芝生を転がり側溝に落ちて水浸し。
さすがTちゃん!!
期待に応えまくりでした笑
期待に応えることがなかなか出来ない私は、見習いたいと思ってしまいましたとさ。

古まりちゃん





[PR]
by kodomononiwa | 2018-09-28 23:03 | Comments(0)

こ庭家族

まもなく出産を迎える母です。

妊娠初期の一学期から現在まで、体調の配慮をしてもらってずっとようちえんの当番を免除してもらっていました。
昨年は当番に入り、我が子の様子、他の子どもたちの様子が手に取るように感じられていたのですが、パタリと無くなり当初は取り残されてしまったような寂しさがありました。

だけどスタッフさんをはじめ、当番に入ってくれた母、送迎をしてくれた母、子どもたちからも
「今日はこんなことがあったよ!!成長したね」とか
「だれだれとこんなやり取りをしていて面白かったよ」とか息子について、みんなの様子について話をしてくれるのです。
自分の子も人の子も楽しそうに、嬉しそうに、そして時に心配そうに話す姿、表情。
そして出産間近の今、
「何かあったらいつでもかけつけるから連絡して!!」
「sちん(息子)は預かっとくから大丈夫だよ」という声や、日中何かあった時のためにと、一緒にいてくれる母たちに深い深い愛情を感じ、言葉には表せないのですが心がとても温かくなります。

送迎に行った時は必ずお腹を撫でに来てくれる子たちがいて、またその表情の優しいこと。
そしてその愛おしいこと。
誰かのお母さんのお腹に赤ちゃんがいて、みんなが大切に思い、助け、見守り、お腹が徐々に大きくなり、赤ちゃんが生まれ、喜び、囲んで可愛がり、その子の成長をまたみんなで見守り・・・

この環境や大人たちの姿が、子どもたちの身近に溶け込んで当たり前にある。
これって今に時代すごく大事なことなんじゃないかなと思ったりしたのです。

こ庭は昔ながらの温かさや優しさが残る大きな大きな家族。そんな風に思います。


さゆちゃん










[PR]
by kodomononiwa | 2018-09-26 14:29 | ようちえん | Comments(0)

ようちえん日記 ちっちゃな母さん、おっきな兄ちゃん

つくし母の私が当番に入るようになって早2ヶ月になりました。
当番には次男も一緒。
暑くなってきてずっと抱っこ紐の中はかわいそうだから出してあげるとちっちゃな母さんたちが抱っこした~いと寄ってくるように 笑

b0339392_12594428.jpg

つばめの子たちは力もしっかりあって抱っこも安定してるからか次男も嫌じゃないみたいで遊んでもらえてご満悦。

私も見守りながら重い子供を託して楽させてもらってます。

ちっちゃな母さんもいればおっきな兄ちゃんもいて、一番小さいうちの子を手を繋いで歩いたり抱っこしたりおんぶしたり、一日中お兄ちゃんしてくれてました。
b0339392_13055563.jpg

息子もこ庭に入って3ヶ月過ぎてすっかりみんなに馴染んで甘えることも出来るようになったし、子供同士で遊ぶ楽しみを知ったようで当番に入ってて遊んでるの見に行くと「あっちに行ってて」って言われることもしばしば。それも嬉しい成長。

初めての場所、知らない人は苦手で、入った最初は誰にも心開けてなかった息子があっという間に自分の居場所になれたのも色々できない息子に手伝ってくれたり気にかけてくれたり、彼の中に嬉しいや楽しいが毎日沢山あったんだろうな~と。

夏休み明けはどうなるのかな~少しは恥ずかしがるかな 笑
夏休み前の最後の日は暑くて熱中症予防に長い散歩ではなく、森の木陰で遊ぶことに。少し登った高い森の中はすごく涼しくてみんな思い思いに遊んでて、ちょうどいい木にみんなの紐繋げてブランコに変身!
大人も乗っても大丈夫な強度でした~🎵
いつの間にかみんな並んでて、「後ろの子が押してね~」って子どもたちがルール決めてたり、違うとこではBBQしてたり、お寿司作ったり、色々遊びがみれて楽しかった~

b0339392_13070507.jpg


次男連れての当番、重たいし、暑いし大変もあるけど、それ以上に息子や他の子どもたちの楽しいや生き生きしてる姿を間近に見られて私も幸せな気分になれるから病みつきです 笑

みえちゃん
[PR]
by kodomononiwa | 2018-09-10 12:50 | ようちえん | Comments(0)